2005年08月26日

血反吐ウィーク

 今週は「血反吐ウィーク」と自ら称するほどの忙しさ。日記の更新もすっかり怠っておりました。その間突っ込みどころ満載のこんな話題や先日絶賛した駒大苫小牧(声に出して読みたい日本語です)のこんな話題もあったのだが、ちょっと古くなってしまったので割愛。似たような事件はきっとまた起きるだろうからいいたいことはまたその時にでも。
 さて今夜は何を書こうかと思案していたところ、エゲレスのエンパイア・マガジンなるものが "50 Great Independent Films" なるものを発表していた。ここ最近すっかりご無沙汰しているが、大学入学当時あたりから十数年、ほぼ週一ペースで映画を観ることが習慣だった。すでに私という人間をご存知の方はおおよその見当はつくかと思うが、観る作品はハリウッド系ではなくもっぱら「単館系」の地味な映画ばかりだったので、このベスト 50 は結構愉しめた。現時点ではまだベスト 10 が発表されてないけど、誰のどんな作品が入るのかが気になる。まぁゴダールとタランティーノは当確として、イギリスだしスティーブン・フリアーズの「マイ・ビューティフル・ランドレット」とかニール・ジョーダンの「クライング・ゲーム」とか入ってんだろうなぁとか、今をときめくポール・トーマス・アンダーソンやウェス・アンダーソンは選ばれるのだろうか、なんて考えると面白い。そしてそして、私の大好きなハル・ハートリーが入っているのだろうか。もし選ばれていたらそりゃもう失禁ものですよ、奥さん! なんてことで独り盛り上がっている台風後の私だ。
posted by たけ at 23:50| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。