2010年03月16日

大阪に取りに行ったもの

 さて、私が週末を利用して取りに行ったあるモノ、とは…

ducktail.jpg

 おっちゃんさんこと清水武志さん謹製のダックテール! おっちゃんさんはピアノも弾ける2CV乗り、もとい、2CVに乗るジャズピアニストで、車の整備はもちろん、ダックテールも自作する工作派の方である。昨年のFBMのときに、子供が産まれて2CVの室内が手狭になるので作成を依頼したところ快諾いただき、しかも出産祝いということで、大変ありがたいことにタダで作っていただいたのだ。

 さてこのダックテール、おっちゃんさんにとっては(多分)4つ目ということだが、作るごとに新しい工夫がなされていて、1つ1つが微妙に異なるらしく、私がいただいたものも他のとは違って簡単に着脱ができるある機構が取り付けられていた。色もオレンヂ号に会わせて綺麗に塗り分けられていて、造りもとてもしっかりしている。そしてもちろん荷物もたくさん入るし、なにより使い勝手も良いのでとても満足している。

 ちなみに我がオレンヂ号は東京〜大阪間の往復1000km強の道のりをノントラブルで走行、しかもここのところ悩まされている慢性的なエンスト症状もなかった。しかし良いことばかり続かない。オイル下がりの症状、そしてタペットの音もちょっと気になってきた。バルブステムシール交換、自分でできるかしら?
posted by たけ at 00:44| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

Go West!

 明日の早朝から日曜日の夜まで、あるモノを取りにオレンヂ号で大阪へ行って参ります。ヨメとムスコは留守番なので、いわゆる久しぶりの一人旅、そしてオレンヂ号にとっても久々のロングドライブ。何しろ昨年は2000km程度しか走っていないので、いきなり往復1000kmは少し不安なのだが、臆することはない、2CVで走りだせば距離に関わらず冒険なのだ、などと少々キザなことを思いついた早春の私だ。

 前回の海外出張同様、旅の模様はTwitterでチマチマと報告する予定である。お暇な方はこのブログの右上か、コチラを参照していただきたい。
posted by たけ at 22:44| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

2CVオーナーズマニュアル

 日本のシトロエン・オフィシャルサイトにて、懐かしの2CVの日本語オーナーズマニュアルがダウンロードできます。期間限定かもしれませんので、ご興味のある方はお早めにどうぞ。

http://www.citroen.jp/service/manual/


posted by たけ at 22:50| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

日帰りFBM

 というわけで、朝4時に起床して一人でFBMへ行ってきました。色々あったが午後8時半に無事帰宅。詳細は後日お伝えするつもりだが、やはり日帰りは身体に堪えるなぁ(笑)。
posted by たけ at 23:17| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

FBMに向けて

 今日からFBMが始まった。例年土曜日の朝早くから車山に旅立つ私だが、今年は子供も産まれたし、今年は日曜日に一人で日帰りすることにしている。天気は心配されたものの、予報が少し後ろにずれたようで何とかなりそう。というわけで、今日は明日のために2CVの整備をした。

 まずはオイル交換。今年はヨメの妊娠と出産、育児があり、お出かけの主役はどうしてもかっくんになってしまい、2CVの走行距離はわずか1500kmほど。まだ早いかな?とは思ったが、久しぶりのロングドライブとなるので念のため交換した。

 続いてはブレーキパッド。これは少し前に症さん家に遊びに行った際に指摘されていた。

brakepad.jpg

 右が使用前で左が使用後。一目瞭然、左側はわずか2mm程度を残すのみで、危ないところであった。しかし他人に言われなければ気づかないのも我ながら困ったものである。

 そして最後がコレ。

handbrake_pin.jpg

 サイドブレーキレバーのピンとクリップ。随分前からクリップが経年劣化か何かで脱落していたらしく、半年ほど前にコンビニに止めてサイドを引いた際、レバーが引っこ抜けてしまったのだ。ちょっとしたコントである。不幸なことに外れたピンも見つからなかったので、しばらくは似たような径のボルトとナットで仮止めしていた。しかしこの部品を販売しているところがなかなか見つからず、結局いつもお世話になっているFPSさんに尋ねてみたところ、「あるよ」との返事をいただいたので購入、本日取り付けた。些細な部品ではあるが、ボルトとナットではまめに見てやらないとすぐに緩んで同じように目に何度も会っていたので、安心感という意味では大きい。

 ともあれ、明日は急な体調不良(家族も含めて)や、急な悪天候が無ければ車山にいます。現地の皆さまよろしくお願いいたします。
posted by たけ at 22:52| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

チラシ

やっつけ仕事ではありますが、コリブリさんの熱意に賛同して、FBM での 2CV 集合写真のチラシを作成しました。

2CVオーナーの皆様mono.pdf

A4 の PDF 形式です。データを保存、コピーして当日一人でも多くの 2CV ユーザーに配布していただけると幸いです。また、HP やブログへの転載も許可しますので、ご自由にご活用ください。
posted by たけ at 12:27| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月19日

12ヶ月点検

 早いもので我が家にかっくんが来てからおおよそ1年。というわけで、今日はヨメと寝太郎の3人で法令12ヶ月整備のためにディーラーへ。

12months.jpg

 1年での走行距離は6300km程度。ここまではこれといったトラブルもないので、基本的な点検の他は、タイヤのローテーションとホイールバランスの調整、オイル、エレメント、エアコンフィルターの交換のみで済んだ。後は重箱の隅をつつくような気になる点を確認してもらったが特に異常はなく、無事に2時間程度ですべての作業が終わった。点検終了後メカニシャンの方が、ブレーキパッドが全くと言っていいほど減っていないことを賞賛してくれた。ウチのかっくんはMTで、個人的にもエンジンブレーキを多用するタイプなのだけど、「このまま(パッド交換を減らさない)記録に挑戦してください」と言われすっかり上機嫌。そう、ブタもおだてりゃ何とやら、私は誉められて伸びるタイプなのだ。皆さんも何かにつけ私をどんどん誉めていただきたい。
posted by たけ at 00:32| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

イベントデビュー

 さて、台風一過もあり街はすっかり秋めいてきて、キンモクセイが街の芳香剤とばかりに香り立ち、真夏にはあまり見られない古い車やオープンカーなどもチラホラと目につくようになってきた。そう、秋は車にも優しい季節なので、イベントも目白押しなのだ。私もフレンチブルーミーティングが近づいていつもならソワソワする時期なのであるが、まだ産まれて3ヶ月にも満たない我が子を標高の高い、そして何といっても寒いあの場所に連れて行くことはできないので、今年は断念することにしている。しかし当日だけでも一人で行ってくれば?とヨメの心強い、そしてありがたい一言をいただいているので、すべては天候と体調次第だが、日曜日だけドタキャンならぬドタ参するやも知れないので、会場で私を見かけても驚かないでいただきたい(笑)。

 では寝太郎のイベントデビューはいつだろうかと考えてみると、まず可能性の一つとして挙げられるのが11月14日の環八お茶会。寝太郎が産まれてちょうど3ヶ月に当たる日ではあるが、これは夜のイベントなので、ちょっと気後れしてしまう。恐らく参加するにしても短時間で切り上げることになると思う。一方その次の週末である11月22日に行われるFrench-French-Makuhariなら、午前中のイベント、距離もそこそこなので子どもも連れて行きやすいし、買い物もできるので何かと便利。というわけで、我が子のイベントデビューはFrench-Frenchだな。というわけで、決めの一言。

 「幕張で、寝太郎と握手っ!!」
posted by たけ at 12:59| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

オレンヂ号その後

 先週清掃したキャブを本日取り付け。取り付け作業は取り外したときより楽だったものの、念のためと思って確認したアクセルワイヤーがちぎれる寸前だったのであわてて交換。ここは以前路上で、ワイヤーの束のうち1本だけを残して全部ちぎれ、冷や汗をかいたことがあるので、早めに気がついて良かった。

 取り付けた後は燃料をキャブに送ってエンジン始動。少し燃料を濃いめにして近所を小一時間走ってみたところ、特にエンスト症状はなし。わざと渋滞にはまってみても、アイドリングは終始安定していた。ただしこれは気温の低い曇り空のせいかも知れないし、今までも一時的には良くなったこともあったので、しばらくはこのまま様子を見ることにする。でも燃料はもう少し薄くしたほうがいいのかな。
posted by たけ at 00:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

絶賛分解中

 というわけで、本日オレンヂ号のキャブを外し、分解してみた。

carburettor.jpg
 ピンボケ御免。

 何しろ初めてなので分からないことも多く、ヘインズのマニュアル等を確認しながらおっかなびっくりの作業。随分前にお馴染みのFPSさんからキャブのリペアセットを買っていたので、アイドルジェット(5月にチェックしたときと比べると少しゴミが詰まっていたようだ)やセカンドメインジェット、フロートニードルバルブ、加速ポンプのゴム、キャブの上部と下部の間のシールは念のためすべて新品に交換、他の部品は外せるところは外して清掃、そしてフロートの高さ調整などを行った。残念ながら夜になってしまったので元に戻すのはまた来週になってしまうが、これで少しでも良くなればいいと思う。ところで、キャブのベースにあるはずのガスケットがなかったのだけど、これでいいのだろうか?
posted by たけ at 00:22| 東京 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

デカングーを見に…。

 今週末はニュー・カングーがデビュー! ウチが旧型のカングーを購入したのは昨年の11月で、その時からこの新型カングーの日本導入が噂されていたが、残念ながら全幅が駐車場のサイズを超えてしまうので始めから検討に値しなかった。しかし自分の車がリニューアルされるとされば、やっぱり気になる。というわけで、今日はいつもお世話になっているディーラーに行ってみた。

new_kangoo01.jpg

 まず第一印象は、やっぱりデカい。

new_kangoo03.jpg

 ただフロントのオーバーハングは現行より短いようだ。全幅が大きくなったにも関わらず回転半径が小さくなった理由は、こういうところにもあるのかも。

new_kangoo02.jpg

 すでに某巨大掲示板などでも賛否のあるキノコミラーこと、サイドアンダーミラー。まぁこれは国内基準なので仕方のないところだろう。

new_kangoo05.jpg

 個人的に気に入ったのがこのAピラーのデザイン。ドライバーの視認性を考慮してか、真ん中辺りで一度絞られている。これがフロントドアと絶妙なラインを形作っていて、いいアクセントになっている。

new_kangoo04.jpg

 そして車内だが、内張りもしっかり張られていて、もうこれは自分の乗っているカングーとは比べ物のならないくらい「車」らしい車になっている。フロントのオーバーハングが短い分、ダッシュボードが巨大で、真ん中にあるトレーにはA4サイズの雑誌などが楽に入る。地図なんかを放り込んでおくと便利だろう。その他目につくのが、飛行機の操縦桿のような形状のサイドブレーキ。何でも新型カングーはLa Poste(フランスの郵便局)と協力して作られているそうで、1日に300〜400回サイドブレーキを引く彼らの意見が取り入れられた、とのこと。

new_kangoo06.jpg

 旧型カングーにはサイドにあったコンソールボックスが、リアシート上部に移動している。

 残念ながら試乗ができなかったので、肝心の走りは体験できなかったが、車重が200s重くなったにも関わらずエンジンは以前と変わらぬ1.6リッターなので、立ち上がりなどは以前よりもモサっとしている、とは営業さんのお話。しかし静寂性は格段に向上しているし、クルーズコントロールも標準装備されている。シートも相変わらずしっかり作られているので、高速での移動などはかえって楽かも知れない。

 率直な感想を言うと、思ったよりすごくいい。そして一番感じたのは、旧型カングーと比較すること自体ヤボなことではないか、ということ。旧型のカングーは、言ってしまえば「商用車」であり、内装なども鉄板がむき出しになっていたが、旧型のオーナーは、そのプリミティブさ、潔さを納得した上で購入した人も多いだろう。一方この新型カングーは、れっきとした「ファミリーカー」である。実際この2日間で購入を検討して訪れた人も、日産セレナやホンダフリードなどを候補に挙げていたという。こんなご時世ではあるが、価格もほとんど据え置きとメーカーとしても非常に努力しているし、一人のフランス車好きとして、売れればいいなぁと切に思う。
posted by たけ at 21:35| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりの2CV、でも…。

 9月に入ってから、朝晩はもちろん、日中もだいぶ涼しくなってきた。今日も曇り空で雨が時々降る天気なれど、半袖ではちょっと…というくらい気温が下がっている。そんな日には2CVでしょ!というわけで、一人で実家に荷物を取りにいく用事があったのでオレンヂ号を駐車場から出し、久しぶりにロングドライブ(といっても往復で50km程度だけど)をしてみた。

 以前から当ブログをご覧の方であれば、ウチのオレンヂ号が慢性的なエンストに悩まされていることはご存知とは思うが、今日もエンストに見舞われてしまった。しかも交通量の多い上り坂の交差点の前で。幸い私の車のすぐ後ろにいたBMWに乗った方がとても親切な方で、路肩に止めるお手伝いをイヤな顔一つせずしていただいて、周りへの迷惑も最小限にとどめられたが、その後も時々グズついてヒヤヒヤのドライブと相成った。症状としては、始動後30分くらい走った後、信号などで停止中にアイドリングがグズついてエンスト(たまに走行中にブレーキをかけて停止と同時にエンジンが止まることもある)、ホットスタートに弱く再スタートに時間がかかる(今日は比較的すぐかかったが)、といういかにもイグニッションコイルのパンクとかパーコレーションに似た現象である。しかしここ数年、コイルの交換はもちろんポイント調整、イグニッションへのリレー追加、プラグ、HTコードに燃料ホース、燃料ポンプの交換、キャブの清掃と調整、そして10年以上前になるが燃料タンクのセンダーユニットの交換などなど、それなりに手は尽くしているし、交換後一時的には調子が上向くのだが、結局元の状況に戻ってしまっている。さて次に打てる手は何かと考えると コイルの移設の他には何があるだろう。例の123イグニッションとか、コレとかは効果があるのだろうか。オレンヂ号はどうも電装系が弱いような気がしているので、いずれ勉強を兼ねて電装の配線をすべて引き直し、各部にリレーをかまそうかと以前からぼんやり考えていたが、いずれにせよいい加減この問題に終止符を打ちたい。来年のFBMくらいには寝太郎と安心して2CVドライブを楽しめたらいいなぁと思う初秋の私だ。
posted by たけ at 01:17| 東京 🌁| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

FTP2009報告 その2

 前夜祭が済んだ次の日は、いよいよ本番のFTP。軽い二日酔いを覚えるも、目覚めは快調。昨日の前夜祭のメンバーたちとつるんで小松から福井県あわら市にある「金津創作の森」へ向かう。

ftp2009_10.jpg
 ググッと加速するSM。シトロエンの中でも見た目の優雅さとワイルドさのギャップは随一。

続きを読む
posted by たけ at 00:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

FTP2009報告 その1

 先週の土日、そして月曜日を利用して、毎年恒例のフレンチトーストピクニックに参加してきたので、遅ればせながらその報告を。

続きを読む
posted by たけ at 21:14| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

FTPに向けて

 来週はいよいよFTP。今週末の関東はどんより曇り空で、今日などは強風をともなって時々雨が降るイヤな天気であったが、土曜日にまだ天気が悪くならないうちにFTP初参加となる我が家の「かっくん」のため、洗車を行った。気が早いけど、ラリーのステッカーも貼ってみた。

ftp2009.jpg

 うん。ちょっと気分が盛り上がって参りました。
posted by たけ at 00:18| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

6ヶ月点検

 我が家に「かっくん」(ヨメ命名)がやって来てから早いもので5ヶ月が過ぎた。3月にはタチウオ師匠夫妻とTさん夫妻、そして我々の3組と3台のカングーで伊豆にツーリングに行ったり、ETC休日特別割引が施行されたのをいいことに、浜松に美味しい鰻を食べに行ったり(いやホントは磐田にサッカーを観に行ったのだが)と順調に走行距離を重ねている。今週末はヨメの実家にお邪魔することになっており、また5月のFTPは身重のヨメの体調を考慮して2CVでは行かないことにしたので、少し早いが先週の日曜日に6ヶ月点検を行ってきた。

kangoo_touring.jpg
 これはそのカングーツーリングの一コマ。とても楽しいドライブでした。

 交換したのはオイルとエレメントのみで、後は幸いタイヤの空気圧調整と基本項目の点検だけで済んだ。おおよそ2時間の作業を待っている間も、ここの営業さんは決してヒマではないのだが色々と気さくに声をかけていただけるのであっという間だった。カングーも2000kmを過ぎた頃からサスにも当たりがついてきたようで、コーナーも以前よりしなやかに曲がるし、ロングドライブもへっちゃらのシートはさすがフランス車と言える造りで、自分の慣れも含め運転が随分楽になってきた。FTPはなんだかんだと1000kmを超えるドライブになるので、2CVとはまた違った楽しみがあるのではないかと今から心待ちにしている。2CVにヘソを曲げられると困るけど(笑)。
posted by たけ at 00:01| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

第9回 French-French-East

 先週の日曜日はフレンチフレンチに参加のため、横須賀にある「長井海の手公園 ソレイユの丘」へオレンヂ号でドライブ。

ffe2009-03.jpg

 前回までの会場となっていた「カルフール南町田」が今年の始めで閉店してしまったため、今回からはこのソレイユの丘で開催されることとなった。当初は予定が入っていたし、ちょっと面倒な距離なので不参加ということにしていたのだが、今年後半は車のイベントも出づらくなると思い、急遽参加すること決めたのだ。最初は面倒くさがっていた三浦半島までの道のりも思ったほど大変ではなく、むしろドライブの距離が適当で楽しかった。そしてもちろん、例のETC割引もあって懐に優しかったの嬉しい。

ffe2009-02.jpg

 今回のFFEで最も気になったのは、何とシトロエンCX。今までサイズが大きいとばかり思いこんでいたので、自分の中では一番縁遠いと言ってもおかしくない存在だったのだが、以外に全長がそれほどではないことに気がついて、「CXも悪くないなぁ」と口にしたのが運の尽き。いつもの仲間から「ハイドロはいいぞぉ」とか、「CXの世界へようこそ」だの「あそこにあるCX、50万で売るって」「車庫は気にするな。金さえ出せば俺が預かっておいてやる」などとアレコレと勝手に盛り上げられ、ついにはNさんの極上のCX(写真一番手前)を試乗させてもらうことになった。今まで助手席や後部座席には乗車したことはあったものの、ハンドルを握ったのは初めて。残念ながら駐車場内をゆっくりと一周するだけではあったが、以外に取り回しやすいことは分かったし、例のセルフ・ハンドリングも少しだけ体験することができた。今まではハイドロ・シトロエンをもし手に入れるとしたらGSだと心に決めていたけど、CXも悪くない。もっとも、実現したとしても当分先のことではあるが。

 結局なんだかんだと夕方近くまで居て、帰りは三崎港の産直センター「うらり」に立ち寄り帰ってきた。「ソレイユの丘」で新しいスタートを切ったFFE、これはこれで悪くないぞ。
posted by たけ at 00:30| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

納車1ヶ月

:

 慣らし運転の目安である1000kmを突破した。今まで高速でも3500回転、90km/h以上は出せず、特に高速道路などでは何度も歯がゆい思いをしたが、これでマニュアル本来の楽しさ、カングーの本領を感じて運転することができそう。といってもガンガン飛ばすタイプではないので、安全運転の範疇で楽しんで行こう。
posted by たけ at 22:58| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

初洗車

 カングーを購入してから、慣らし走行を兼ねて、週末ごとに出かけている。まず11月の9日、10日は、長野県のカントクさまのお宅へお邪魔した。カントクさまのお宅は南信州、天竜川の河岸段丘の中程にある木々に囲まれた場所にある。聞こえて来るのは果樹園の有害鳥獣駆除のための「ズドン」という音と、裏手の川のせせらぎだけというとても静かなこの家で、暖炉を囲みながらゆったりとした休日を過ごすことができた。

kangoo.jpg

 続く先週の土曜日はカルフール幕張で開催された"French French"へ行った。この日はプジョー206ローラン・ギャロスに乗る義姉のイベントデビューであったが、いつもお世話になっている皆さんにとても親切にしていただいたこともあり義姉も大満足の様子であった。

FFmakuhari2008.jpg

 そんなわけで、我らが「かっくん」の走行距離も納車されてからあっという間に850kmを超えたので、今日は初めての洗車を慣行した。我らがかっくんは贅沢にも納車前にボディ・コーティングを施してあり、このコーティングを長く保つためにもできるだけマメに洗車をして下さい、とルノーの営業の方にも言われていた。まだひと月も経っていないが、先週は少し雨にも降られたので今日やることにしたのだ。予想はしていたことだが、背高のカングーの洗車は洗う面積も大きく、骨の折れる作業であった。またスライドドアのレールやドアやバンパー、モールとボディの隙間に水がたまり、その拭き取りにも時間を取られた。しかし水弾きはいいし、ワックスフリーということであっという間に新車の輝きに戻った。って新車なんですけどね。

carwash.jpg
 「どうだい Steve、ピカピカだろ?」とTVショッピングのようにウチのEricも申しております。
posted by たけ at 01:34| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

FBM翌日

 さて、FBMが終わった後も車山で一泊するのがすっかり恒例になっている我が夫婦。翌月曜日は少し足を伸ばして上田の別所温泉へ。

bessyo01.jpg

bessyo02.jpg

 道すがら突然現れた上田交通のモハ5250形電車。昭和2年製造で、1986年まで活躍した名車中の名車である。2枚目の写真にあるように丸くくり抜かれた窓が特徴で、沿線の人々に「丸窓電車」の相性で親しまれていた。別所温泉駅近くに同じ5250形が生体保存されていることは知っていたが、こんな場所にもあることは知らなかった。ここは長野計器丸窓電車資料館といって、その名の通り車内に入って当時の広告や切符、計器といった貴重な資料を見ることができた。ちなみに別所温泉駅の5250形よりずっと程度の良い状態で、愛を感じさせる保存のされ方をしているので、興味のある向きはこちらに足を運んでいただきたい。

bessyo03.jpg

 5250形はボロボロなれど、別所温泉駅そのものは大正10年に建築された趣のある洋風駅舎で、日本の名駅舎100選にも選ばれている。駅前の桜の樹も、春になればこの瀟酒な造りの駅前により一層彩りを添えてくれることだろう。

 さて別所温泉であるが、さすがに「信州の鎌倉」と呼ばれるだけあって、温泉はもちろん、北向観音や国宝の八角三重塔のある安楽寺、これまた重文の石造多宝塔のある常楽寺など見所も多く、平日というのにこの小さな温泉街は観光客で活気に溢れていた。私たちはそれほど時間があるわけではなかったが、「FBM後は温泉に浸かろう」と二人で話していたので、3つある外湯のうち「石湯」と「大湯」に入り、後は北向観音と八角三重塔を見学するにとどまった。

bessyo04.jpg

 この2つの温泉は源泉が異なるのか、「石湯」は比較的サッパリとした湯で、一方の「大湯」は硫黄の匂いが漂う「これぞ温泉」というしっかりした湯であった。しかし、この「大湯」で、あんな辱めにあうことになろうとは…。続く。
posted by たけ at 00:53| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。