2010年03月26日

LOGORAMA

 今年のアカデミー賞の短編アニメーション賞を受賞した"LOGORAMA"がとても面白い。フランスの5Hというスタジオが作成し、ここに出てくる約3000にも及ぶ企業ロゴはすべて無許可使用、とのこと。ドナルド・マクドナルドが凶悪犯で警察がビバンダム、というのもフランス人の皮肉が感じられるし、これに賞を与えたアカデミーもシャレが分かるというか、懐が深いな。

 
posted by たけ at 23:12| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

リンク更新

 久しぶりにリンクを編集、追加しました。

赤黒飯店:もうトップページのリンクが切れて久しいこのサイト。しかしまだ生きているページもあるので、イベントページにリンクを変更しました。

2CV de ODEKAKE:2CVで頻繁に旅に出るくごうさんのブログ。2代目焚き火号も好調そうです。

つれづれなるままに:自称電気馬鹿、いっぺさんのブログ。改造という意味では恐らく日本一のサイバー2CVは必見。

へにょへにょ2CV:こちらもすでに更新が止まっているMin^2さんのサイト。整備系サイトとして今でも充分役立ちます。

kojiro art museum:言わずと知れた今村幸治郎先生のサイト。

月夜の出来事:そしてこちらは今村先生のブログ。

Eternalな自虐的日記:静岡でオレンジの2CVに乗るEternal7786さんのブログ。PDAの情報もどっさり。

旅する2CV:こちらも更新止まってますが、かつて2CVで都道府県全制覇を成し遂げた方のサイト。初めて見た時は驚きました。

Pas si simple:keiryopopoことスギウラさんの新しいブログ。もうすぐ納車のGSとの蜜月が綴られる、はずです。

French Blue Meeting:言わずと知れた秋のフランス車の祭典。今更ながらの追加です。

FTP official page:そしてこちらは5月のイベント、French Toast Picnicのオフィシャルサイト。

 実は日本最大の2CV系ポータルサイトを目指している当ブログ(嘘)、これでまた野望に一歩近づいた、か?
posted by たけ at 00:57| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

Rube Goldberg Machine

 "OK GO" というアメリカ・シカゴ出身のバンドがいる。正直ヒット曲に恵まれないバンドではあるが、このミュージックビデオが数年前You Tubeのビデオアウォードを受賞しているので、記憶にある方も多いと思う。

 そんな彼らが、今度はこんなビデオを作った。以前からピタゴラ装置好きを公言して憚らない私、これを紹介しないわけにはいかない。



 ところで、ピタゴラ装置のことを英語では、Rube Goldberg Machineというのだそうだ。おかげでYou Tubeで検索すると、世界中の色々なピタゴラ装置を見ることができて、お昼休みなんかのいい暇つぶしになっている。
posted by たけ at 22:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

お知らせ

 明日から一週間、カリフォルニア某所に出張です。寝太郎を寝かしつけた後からいそいそとパッキングを始め、先ほど終了。私は元々飛行機が苦手なのだが、新婚旅行中に激しい飛行機頭痛に襲われて以来、飛行機に対する恐怖心がさらに増している。出張先はAppleの本拠地が近くにあり、iPadのモックアップでも見られるのではないか、とか、時間見つけてCompany Storeに行けるかな、など楽しみにしていることはあるものの、とにかくあの飛行機だけは何とかならないものか。どこでもドアがあればいいのに、と子供みたいなことを夢想する初春の私だ。

 出張期間中は多分ブログなどは書くことはできないが、Twitterではポツポツつぶやく予定なので、私の安否はこちらで確認していただきたい。
posted by たけ at 00:40| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

ビデオカメラ購入

 いきなり古い話で恐縮なのだが、昨年こんなものを購入した。

handycam.jpg
 完全にピンボケ。

 ソニーのハンディカム、HDR-CX500V。子供の出産を機に…、ということでこの手のアイテムを入に入れる方は多いと思うが、ウチは子供が産まれて3ヶ月経ってからの購入だった。というのも、事実はもちろん重要だが、それとは違う、自分の中だけの湾曲された記憶というのもそれはそれで大切なもののように思っていたし、写真と違ってビデオ映像というのは、なんとなくその”事実とは違うかもしれない思い出”も否応無しに修正してしまうように思っていたので二の足を踏んでいたのだ。しかし、そんな頭デッカチな私の考えなど露知らず、「孫のビデオを撮って見せるのも立派な親孝行なんだぞ」とウチの親に説得され、なるほどそういう考え方もあるかと思い、あっさり購入を決めた。

 そんなわけで、暇を見つけてはチマチマとハンディカムを片手に撮影をしているのだが、年末にMacが修理に出ていたこともありパソコンに取り込む機会がなく、ようやく昨日になってたまった映像を取り込んでiMovieを使って編集作業を行ってみた。Appleの製品はまともな取説がないのはいつものこと、最初は手間取ったものの、昨年の”French-French Makuhari”に来ていたボロボロのシトロエンSMを題材にして色々と触っているうちになんとなくコツが掴めてきて、とりあえず1つ仕上げることができた。なにぶん素人撮影、ビデオ編集の習作であるが、YouTubeにも上げてみたので興味のある人は見ていただけると光栄である。



 相変わらずな私ではありますが、今年もよろしくお願いいたします。
posted by たけ at 00:08| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

今年もお世話になりました。

 さて、早いもので2009年も今日が最後の千秋楽。今年も色々あったが、何と言っても妻の妊娠、そして寝太郎の誕生に集約される一年であった。来年も、そしてこれから数十年と我が子に振り回されることになるとは思うが、ハハハと笑っていけるようにしたい。

20091231.jpg

 ちなみに毎年巨大仏を見上げることをテーマにしている我が家の年賀状は、今回はお休み。師走も忙しく、また小さい子供を長駆車に乗せて撮影するのも申し訳がないので、今年は近場で済ませることとなった。まぁ代わりのネタも相変わらずくだらないものですが。

 本年のブログもここまで。皆さまには今年も大変お世話になりました。来年もまた変わらぬご贔屓のほど、よろしくお願いします。来年はもっと更新できるように努力したいと思います。それでは良いお年を。
posted by たけ at 12:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

師走でごわす

 随分とご無沙汰しております。ここのところ仕事と子育てに加え、ヨメが風邪で一週間ほど倒れてしまったり、愛機のMacが故障によりこれまた一週間ほどドナドナされたりと日常生活が本当にバタバタしており、一ヶ月以上という長きに渡る放置プレイとなっておりました。FBM、ナビスコカップ(祝優勝!)、森繁久彌、Mac、我が子、政治、そして車のことなど、書きたいネタは山ほどあったのだが、タダでさえ少ない睡眠時間をさらに削ってまで書くのもちょっと…、と書きあぐんでいるでいるうちに、すっかり時期を逃してしまった気がする。さらにMacが手元を離れていたこともあり、ネットはおろか未だいただいたメールの返事すら書いていないという体たらく。皆さん大変申し訳ない。これからボチボチと暇を見つけてメールの返事を書いたり、ブログをあげていくことにしますので、ヨロシクお願いいたします。
posted by たけ at 00:04| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

酒はナミダかため息か

 中川昭一元金融・財務相が昨日急死した。今や数少ない保守系議員の中でも、若くて優秀で考え方もしっかりしていたし、あの酩酊会見さえなければ、いつかは自民党総裁をまかされるであろうと言われていた人物であった。なんとももったいないし、惜しい。

 今のところ事件性はないし、恐らく自殺でもないであろう。もちろん例の酩酊会見は、彼の脇の甘さを否定できないが、G7の成果も碌に示さず、「日本の恥さらし」とばかりに叩きまくり、辞任に追い込んだメディアによって彼は緩やかに殺されたのだと思うし、その後の衆院選惨敗のショックから徐々に自殺していったのだとも思う。大体酒飲みなんて、自分も含めて気が弱い人間が多いのである。ともあれ、民主党政権の迷走、暴走を見るにつけ、民主党が分裂するのもそう遠くない話のように思うし、新生自民党も今一つ。この流れの中で、私は真の保守政党が誕生するのではないかと期待していたが、その中にはぜひともこの人がいて欲しかった。合掌。
posted by たけ at 23:49| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

ピタゴラの魔力

 下記はホンダ・アコードの海外のCM。ピタゴラ装置好きのアナタのハートをガッチリ掴むこと請け合い(笑)。



 噂によると、このたった2分間のCMのために600回以上も撮り直したらしい。手間を考えればCGで仕上げた方が遥かに楽だが、しかしここにはCGには絶対にあり得ない偶然性の面白さがある。
posted by たけ at 00:15| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

さて、

 大方の予想通り、今回の選挙は民主の大勝利、自民の歴史的大敗で終わりそうである。難しい話は何も知らない国民をあっちからこっちへこれだけ操作できるんだから、マスコミ商売はやめられないわな。特に朝日や毎日なんかは大喜びだろう。

 ともあれ、これからは民主党の政権実行力が試される。今回の選挙は民主党がいい、というよりは、自民党じゃなければなんでもいい、実績がある年寄りよりは可能性のある若い候補に票が集まっただけ。いきなりマニフェストには書いてない、そして世論調査では90%以上が反対している外国人参政権などを真っ先に国会で審議し始めたら、国民はあっという間にそっぽを向くだろうし、極右から極左まで抱える民主党がいつまでも一枚岩でいられないだろう。何でもアメリカ共和党のシンクタンクは、「日本は今年12月にもう一度選挙がある」と予測しているとの話もあるらしいし。できれば今まで自民党が長い間政治を押し進めた故のさまざまな、そして理不尽な利権なんかを一掃した上でバラバラになってほしいものだ。しかし万が一政権が長く続くとなると、給与の4割が税金と年金に取られ、自動車税が1台5万円アップ、光熱費も年間36万円アップになる可能性もある。おまけに日教組教育の被害者としては、民主党政権で日教組がハバを効かせるならば、偏った歴史教育や日の丸も掲げない公立の学校には我が子を行かせたくない。そうなると小さいうちから子どもを私立に行かせた方がいいかも知れん。う〜む、生活が厳しくなる、というか、このままでは立ち行かなくなるな(笑)。金美齢さんの言う通り、「自民にお灸を据えたつもりが、国民がお灸を据えられた」なんてことになりませんように。
posted by たけ at 00:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月30日

選挙前夜

 以下、テレビや新聞が報道しなかった麻生総理の功績をリンクします。全部見ると40分くらいになりますが、朝晩が比較的過ごしやすくなり、夜も少しずつ長くなってきたので、お茶でも飲みながらごゆっくりどうぞ。



 この件について、IMFのストロスカーン専務理事は、「日本による貢献と融資は、これまで人類の歴史の中で最大のもの」と絶賛している。

 続いてこちらは本年度の予算編成の話。それにしても、この世界レベルの経済危機の渦中、代案も出さず、自民案には何でも反対とばかりに難癖をつけ、審議が引き延ばされたおかげで日本の国益が一体どれだけ損なわれたことか。民主の罪は重いぜ。



 そしてこれは外務大臣時代の中東和平外交の話。「平和と繁栄の回廊」なんて、ほとんどの人が知らないだろう。かくいう私も、このことを知ったのは恥ずかしながら割と最近の話(笑)。





 しかし、総理大臣就任以来これといった失策もないにも関わらず(個人的には「かんぽの宿」の件で西川社長を切らずに鳩山総務大臣を更迭したことには失望したが)、ホテルの高級バー通いがけしからんとか、漢字が読めない、カップラーメンの値段が分からない、発言がブレたから総理に不適格とか、ホントに些細でくだらないことでバッシングされ総理の座を降りてしまうのはなんとも惜しい。確かに今回の選挙戦で自民党が苦しんでいるのも、今まで与党という立場に胡座をかいていたことも大きな理由だろう。しかしこの人のスケールの大きさや、日本人離れした世界に対する度胸の良さ、そして決断の早さは、まだまだ難しい局面が続く日本にこそ必要だと思うのだが。
posted by たけ at 01:02| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月26日

本当に起こりそうな怖い話

 まず少し前のしんぶん赤旗より。
消費税 4年後15% 民主 本音ポロリ

 そしてこれは割と最近の47NEWSから。
民主、13年通常国会で年金改革 全ての人が所得の15%を納付

 確かに、公的年金を維持するためには消費税、もしくは保険料を上げざるを得ない。自民党はこの点について、「景気が回復したと判断した上で、消費税引き上げを検討する」とマニフェストに明記している一方、民主党は「少なくとも4年は何が何でも上げない」としか書いていない。別に民主党だって上のリンクと言ってることが矛盾しているわけではないが、具体的なことは何も書かれていないのだ。しかし上記のリンクでは、保険料は収入の一律15%で、将来の受給額は「それに見合った金額」と見事にボカされている。これではまるで働いたモン負けのような気がするのだが。ともあれ、どのメディアも民主党の圧勝が報じられる今日、この流れはどうあがいたって止められないのだろう。4年前は「郵政民営化」のキャッチフレーズだけで自民党に投票した人たちが、今度は「政権交代、ムダ排除」で民主に流れるわけだ。正に衆愚政治。我々はソクラテスの時代から何も変わっていないのだ。

 まぁ実際に民主が政権を獲ったところで、連立与党では足並みが揃わないだろうし、官僚と対立すれば政治が行えなくなるので、実質何もできずに短命に終わるような気がする。しかしもし民主党だけで過半数を獲ることになると、それでも党内の足並みが揃わないだろうとはいえ、旧社民の連中が果たしてどんな恐ろしいことをするのか。ここに歌われるようなことが絶対に起こらないとも限らない。



 自分は別に自民信者ではない。実際前回の選挙では郵政民営化には反対していたし、今でもその考えは変わらない。ではなぜ今回これほど民主党のことをしつこく自分のブログに書くかというと、主義・主張は幼稚で非現実的なので、対立政党としては話にならない、ということはあるのだが、その裏で蠢き、見え隠れする反日的な組織や団体が怖くて怖くて仕方がないのだ。自民党は今回の選挙を「政権選択選挙」と位置づけているが、「保守」か「売国」かを選ぶ選挙なのだと思う。
posted by たけ at 01:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月15日

お知らせ

 もう昨日のことになりますが、8月14日(金)の正午ちょうど、無事男児が誕生しました。体重2859g、身長52.5cmです。ヨメのブログでもお伝えした通り、帝王切開だったのですが、傷跡は生々しく痛みはあるものの、健康状態は良好です。メールをいただいたにも関わらず返信ができなかったり(原則病院では携帯は禁止なので)、報告も遅くなってしまったため、皆さまに余計なご心配をおかけしたようで申し訳なく感じる一方、これだけの人たちに支えられていると考えると、私たち家族はとても幸せ者だと思います。家族が1人増え、3人での暮らしが始まるわけですが、今後も変わらぬお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

 昨日・今日と病院、仕事場、実家などを奔走していたため、ヘトヘトです。前のエントリーなどの返事は明日(もう今日ですが)以降とさせていただきます。
posted by たけ at 00:34| 東京 ☁| Comment(19) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

元気です。

 ご無沙汰しております。

onaka.jpg

 いよいよヨメの出産が一週間を切りました。ここのところ子供のモノを買うために週末に出かけることが多く、なんやかんやと忙しい日々を過ごしております。ブログもすっかりお暇しておりますが、これからもしばらくはマイペースな更新になると思います。各地では大雨などの被害があり、のりピーの逃亡・逮捕、そして選挙戦の茶番など、今年の夏はその空模様のようにすっきりしないことが続きますが、皆さまもごゆるりと参りましょう。
posted by たけ at 23:00| 東京 🌁| Comment(10) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

よのなかばかなのよ

 さて、いよいよ今週末は都議会選挙。とはいえ、マスコミ報道によると民主の圧勝が予想され、何となく結末が見えている感じである。この夏、もしくは秋に行われる総選挙も含めて、「今回は自民にお灸を据えるために民主に投票」という輩が多いのだろうけど、本当にそれでいいのだろうか。

 そもそも民主党は旧社会党の残滓の集まり、小沢一郎、さらに支持母体に日教組や自治労など、あやしい人間や団体がウヨウヨしている時点で妙にうさん臭い。しかも政治家たるもの、自国の国益を第一に考えるべきであるのに、国家主権の委譲を本気で検討するというのはどういうことだ。また具体的政策として地方分権や官僚の天下り禁止とかうたっているが、役人の腐敗は地方の方が顕著だと思うので地方分権には反対だし、バックに自治労がいるのに天下りを禁止できるとも思えない。外国人参政権も当然反対(日本の政治に参加したければ帰化すればいいだけのこと)。そして私のブログには車好きが多いので「高速道路完全無料化」も大きなポイントになると思うが、ここにも書かれている通り、その財源は自動車税の5万円の増税である(その後民主はこの案を否定したけど)。ガソリン暫定税率廃止もやる、やらないと朝令暮改。


 これ良く出来てるなぁ(笑)。

 民主党の政策は一次が万事この調子で、有権者の耳障りのいいことばかり吹聴して、財源も明らかにしない詐欺集団にしか思えないのである。確かに今の自民党も相当酷いことになっているし、できれば政権交代させて猛省を促したいとは思う。しかし対抗勢力である最大野党がこれでは、票を投じる気にさえならない。仮に民主党に政権を委ねたところで日本が良くなるとは思えないし、むしろさらに悪くなっていくように思うのだが。有権者の皆さまももう一度考え直した方がいいんじゃないでしょうか。

 それにしても、鳩山由紀夫の”故人”献金、虚偽記載、脱税疑惑に対し、テレビメディアは総スルー状態だね。マイコーの葬儀もいいけど、これとかウイグル自治区、いや東トルキスタンの暴動とか、知るべき、知らせなければいけない情報は山ほどあるのに。自分たちの不利益は一切報道しないこの姿勢。公正報道が聞いてあきれるな。もうテレビは死んでいいよ。
posted by たけ at 00:57| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

英国の恐るべきオバサン

 すでにご存知の方もいると思うが、7分ほどお時間のある方は下記のリンクをクリックしてみてほしい。ちなみに「Britain's Got Talent」とは、英国版「Amarican Idol」とも言えるタレント発掘番組のこと。

http://www.youtube.com/watch?v=vMVHlPeqTEg

 最近何かと心をクサクサとさせられる世の中だけど、普段「感動」なんて言葉を滅多に口にしない私も素直に心が動かされましたよ。変な記事のタイトルを許してほしい。でもこうとしか言いようがない、本当に素晴らしい歌声。
posted by たけ at 01:58| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

近況報告

 ご無沙汰しております。アメリカ出張から帰ってきておおよそ2週間経ちますが、未だ落ち着かない日々を過ごしております。というのも、出張の疲れがしばらく抜けなかったことに加え、花粉症がいよいよごまかせないところまできており、遂に耳鼻科の扉を叩くことにしたのですが、医者に処方された薬が普段飲み付けないせいか効果テキメンで、猛烈な睡魔を催すのです。さすがにこれでは仕事に支障をきたすので、朝昼は飲まないことにしたものの、夜に飲むと急激な睡魔と倦怠感に苛まれ、とてもブログどころではありません。出張のこと、飛行機頭痛のこと、サッカーのこと、小沢一郎のこと、緒川たまきさんの結婚のこと(嗚呼っ!!)、先週カングーで伊豆をツーリングしたこと、などなど、書きたいことはたくさんあるのですが、そんなわけでなかなか更新できません。来週あたりからボチボチ上げて行きたいと思っておりますので、ヨロシクお願いいたします。
posted by たけ at 21:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

カミングアウト

 っと言っても、私に男色のケがあるとか、そう言ったことではない(ついでに言っておくと、特に独身時代に一部で私がソッチのケがあると噂されたらしいが、全力で否定させていただきます。比較的晩婚で彼女イナイ歴が長かったからって、それはあんまりではないか(笑))。

 ヨメのブログでも告白させていただいた通り、この夏父親になることになった。ここのところ毎日猫の目のように変わっていたヨメの体調もやっと落ち着いてきたので、妊娠3ヶ月を過ぎた本日発表させていただいた。今まで好き勝手に生きてきた私が、人の親になってちゃんと育てていけるのだろうかという不安もあるが、幸い私の周りには見ていて感心させられる子育て上手な先輩方がおられるので、ぜひとも参考にしたいと思っている。

 出産予定が8月ということで、10年以上皆勤を続けていた10月のフレンチブルーミーティングの参加はほぼ不可能となったので、我が家にとって今年の最大の車のイベントは5月のフレンチトーストピクニックとなりそう。FTPの開催日に小松で何らかの学会があるようで、すでに近辺のホテルは予約が埋まりつつらしいとの噂を耳にしたので、本日あわてて宿を確保。後はヨメと車の調子が良くなることを祈るばかりである。というわけで、少し気が早い気もするが、ヨメ同様このフレーズを使わせていただこう。

 FTPで、ボクと握手っ!
posted by たけ at 02:04| 東京 ☀| Comment(17) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

遅ればせながら

 新年開けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 年始は例年通り私の実家で過ごし、2日からヨメの実家へ移動。まぁ食うわ飲むわ寝るわの毎日でした。そして今日から仕事始めだったのだが、昨日のうちから夏休み最後の日の小学生のように憂鬱な気分で、今朝は今朝で「あぁこのまま会社サボって高校サッカーの準々決勝を観に行こうかなぁ」などと後ろ髪引かれる思いで会社に向かった。まぁ今年もこんな風に自分を騙しつつ、世の中と折り合いをつけながら日々が過ぎて行くのだろう。

plamodel.jpg

 写真は年末年始に散財したものたち。プラモデルである。もっとも、右のフェラーリ126C2は一年ほど前に鉄道模型を買ったお店で偶然見つけて購入したものであるが、左のフェラーリ126CKと真ん中のタイレル(とあえて呼びたい)P34はここ1週間で買ったもの。子供の頃からモータースポーツ、特にF1が好きだった自分にとってジル・ヴィルヌーヴは最初にして最後のヒーローであった。そのジルの最晩年に駆った2台のフェラーリがいきなりキット化されたことに驚くと同時に、良い時代になったものだとすっかり興奮してしまい、プラモ作成などもう20年以上遠ざかっていたが再び興味が湧いて来たのである。帰省した際にも自宅に置きっぱなしにしている古いオートスポーツ誌などをひっくり返しては資料集めにいそしみ、そして昨日は思い切ってエアブラシとコンプレッサーのセットも買って来た(写真後ろ)。しかし鉄道模型と言いプラモ作成といい、子供の頃に夢中になっていたがいつの間にか情熱が途絶え、絶対に戻らないだろうと思っていた趣味にまた帰ってくるのだから人生は分からないものである。そんなわけで、今年は例年とは打って変わってインドアな生活になりそうなのである。
posted by たけ at 00:52| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

大晦日

 師走に入ってから何となくブログ更新のモチベーションが上がらず、2週間以上ほったらかしにしてしまい、気がつけば年末である。その間コメントの返事も書かずスミマセン。

takabo.jpg

 写真は22日にヨメと少し早めの忘年会で行った、仙川「たかぼ」のお刺身三点盛。ここは関東にしては珍しく五島列島の新鮮な鯖を生で食べさせてくれるので贔屓にしているお店の一つである。それにしてもこの忘年会では、ビール2杯、日本酒2合、そしてカクテル2杯で大トラになってしまい、次の日は二日酔いで廃人と化す体たらく。疲れや睡眠不足もあっただろうが、歳とともに少しずつお酒が飲めなくなってきたことを感じる師走である。

 今年を思い返すと、アメリカ主導のグローバル経済が破綻を来し、世界中がその影響を被る中で、個人的には何とか普段通り淡々と過ごしてきたつもりでいたが、年末になってとてもイヤな話が会社から舞い込んできた。もっとも、家庭内ではちょっと嬉しくなる出来事もあって、思いは複雑。来年はいろんな意味で変化を強いられそうである。

 12月に入ってからヨメと二人でコツコツと部屋を片付けていたので、29日をもって大掃除は終了。この冬休みはお互いの実家に行くことと、高校サッカーを観に行く程度で、ゆっくりと過ごせそうである。2008年のブログも今日でおしまい。皆さま良いお年をお過ごしください。それでは。
posted by たけ at 01:43| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。