2008年05月12日

自然の生命力

 ウチのベランダに、昨年の初春にヨメが会社からいただいてきたガーベラがある。早速鉢に植え替えたのだが、2週間と持たずに力なく枯れてしまった。それでも葉っぱは残っていたので、夏の間中ずっと水掛けはしていたものの、いつしか葉も枯れ果ててしまった。

 多分花に詳しい人・好きな人であれば、花が枯れたとき、もしくはこの時点で何らかの処置はしていたのだろう。しかしそこは根っからの面倒くさがり屋である私、特に何もせず、朽ち果てるのももののあはれよ、とばかりに、しかしとりあえず一縷の望みを託しつつ、一年間鉢に水だけは与え続けてきた。そのうち隣の花(一年間マリゴールドだと信じていたが、植物図鑑を見て違うことが判明。では何だ?)の種でも落ちたのか、今年の初春には別の花が咲き始めた。しかし良く観察してみると、鉢の隅っこにゼンマイのような茎が見えているではないか。これはひょっとしてと期待を抱いていると、茎は日に日にゼンマイの部分をほどくように頭をもたげ、蕾をつけた。そして先日、ついにその蕾が開き、花を咲かせたのだ! まさに瀕死からの復活劇。自然の生命力の強さって、やっぱり凄いんだなぁと感心することしきりである。

gerbera.jpg

 花がついてからおおよそひと月経つが、今年はまだ枯れることなく花を咲かせている。隣の花(今までマリゴールドだとばかり思っていたヤツ)も今年は花のつきがいい。去年夏の旅行中にうっかり枯らしてしまったハゼも今年はいい調子。ヨメが誕生日にもらったマーガレットも次々と花を開かせている。いい加減な育て方しかしていなくても、水をやるだけでウチのベランダは花盛りなのである。


追記:
謎の花はディモルフォセカであろうことが判明。キク科なれど、英語名が cape marigold なので、マリゴールドで正しいのだ。



posted by たけ at 23:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 園芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。