2008年04月20日

雪辱(J1 第7節 FC東京 vs. 川崎フロンターレ

F東京 4 - 2 川崎F
得点者:19' 鄭大世(川崎F)、25' カボレ(F東京)、26' 谷口博之(川崎F)、43' 赤嶺真吾(F東京)、63' 大竹洋平(F東京)、70' 今野泰幸(F東京)

今日は多摩川クラシコ。営業的に作られたダービーマッチなれど、昨年はアウェイで5-2、ホームでは何と0-7と、それこそジャイアンに楯突いたのび太のようにコテンパンにされた相手である。今年は何とかリベンジを果たせればいいが、と思っていたが、終わってみれば2戦連続の逆転勝利で、これでリーグ3連勝、勝ち点14は去年より1ヶ月も早く、暫定ながら3位に上昇した。今年は去年までとはまったく異なるサッカーを指向しているので苦戦するだろうと予想していたが、ここまでは順調すぎるくらい順調である。

 大きいタイプと小さいタイプのFWを2枚揃え、不安定なDF陣という意味では非常に似た状況にある両チームだったが、中盤の差がゲームの勝敗を分けた。東京の中盤は梶山を中心に機能していたし、長友がその豊富な運動量で常に左サイドを制圧していた。一方の川崎は中村憲剛は2得点に絡んだものの、全体に低調だったように思うし、サイドの山岸と森はほとんど仕事ができなかった。そして東京には大竹という切り札があり、川崎にはいなかった。その大竹の初ゴールにして決勝ゴールはゴラッソと呼ぶに相応しかったが、今日の4点目となった今野のゴールこそ城福さんの目指すMoving Footballの片鱗。とても素晴らしいゴールだった。まだまだ不安定な試合運びだけど、チームが一歩一歩確実に成長しているのが分かって今年は観ていてとても楽しい。今年は観客数が伸び悩んでいるような気がするが、去年でスタジアムに足を運ばなくなってしまった人も今観ておいたほうが絶対いいと思うよ。
posted by たけ at 00:52| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そろそろスタジアムに観戦にいきますので、よろしくお願いします。でも行くと負けそう??(笑)
Posted by familyk at 2008年04月22日 07:25
>familykさま
ぜひぜひ! いつまで好調か分からないので、できるだけ早めに来てくださいっ!(笑)
Posted by たけ at 2008年04月22日 23:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。