2005年06月29日

ミュージカル・バトン

旅の途中で、樹理庵さんからいきなりのトラックバックがあった。
「ミュージカル・バトン」というそうで、以下の項目を答えた後、5 人選んでそのバトンを渡すという、ねずみ講というか、不幸の手紙のようなシステムである。

1, Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
2. Song playing right now (今聞いている曲)
3. The last CD I bought (最後に買ったCD)
4. Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)
5. Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5人)

最近熱心に音楽を聴いていないんだよなぁ、と思いつつ、それでも「特別な思い入れのある 5 曲」なんて難しい質問を旅先のふとした時間に考えていたりして。それでは、私の場合を発表いたします。

1. コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
約 14GB。ほとんどがレコードだったりするし、CD でも繰り返し聴かないものは iTunes に落としていないのでこんなもん。

2. 今聴いている曲
Rufus Wainwright 『Want Two」の中の曲をいくつか。質問 3. がらみで、最近買った CD なので。

3. 最後に買った CD
Rufus Wainwright 『Want Two」(UICW-1057)

4. よく聴く、または特別な思い入れのある 5 曲
こんなもん選べるわけねぇじゃんっ!と思いつつ、少なくとも私に衝撃を与え、音楽の楽しさや広がりを教えてくれた曲から 5 つを適当に。

・Gilbert O'sullivan「Alone Again (Naturally)」
小学生の頃、NHK-FM の「朝のポップス」という番組で偶然聴いた。以来私を洋楽の道へ引き込んだ運命の 1 曲。

・The Jam「Going Underground」
これまた小学生の頃、NHK-FM の「リクエスト・コーナー」という番組で、彼らの「Eaton Rifles」を聴いた。彼らの曲は色々好きだが、中でも当時一番カッコイイと思った曲。ポール・ウェラーは今でも私のヒーロー。

・Aztec Camera「Oblivious」
彼らを初めて聴いたのは、中学生の頃、セカンドの「All I Need Is Everything」だった。この曲はずっと後になって聴いたが、当時何度も何度も、それこそカセットテープが延びるくらいよく聴いた。

・The Flipper's Guitar「Hello - いとこが来る日曜日」
大学 1 年の時。「こんなバンドが日本にもあったんだ!」という衝撃と喜びは忘れられない。彼らが日本の音楽シーンに与えた影響は計り知れないし、彼らのおかげで僕自身も退屈な大学生活が潤された。

・Kenny Rankin「Haven't We Met」
クラブに通い始めた頃に、フッとこの曲が流れて慌ててターンテーブルの側に走って曲を確かめた思い出。収録アルバム「Silver Morning」は CD 化されないのだろうか。

その他にも選びたい曲が沢山あるのだが、今回はこの辺で。

5. バトンを渡す 5 人
知り合いにはかなり渡ってるみたいなので、ちょっと考えます。
posted by たけ at 00:12| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たけさん、こんばんは。
ミュージックバトン、突然のことで申し訳ありませんでした。
「旅から戻ってきたら、気が付いてくれるかな?」と思ってトラックバックしておいたんですが、旅行中もblogをチェックされてたのですね・・・失礼致しました。
じつは、はきこさんにも同じトラックバックを送ったはずなんですが、そちらは何故か届かなかったみたい・・・。
いずれにしても、大変失礼致しました。
今年はどこかでいつかお会いしたいですね。ではまた〜(^^)/。
Posted by 樹理庵 at 2005年07月03日 01:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。