2007年07月01日

国立 - 立川 - 国分寺

 今日はヨメと一緒に自転車に乗って立川へ行くことにした。しかし自宅から立川までをただ往復するだけではつまらない。幸い天気も曇り空で、気温もさほどでもなかったので、途中国立に寄ることにして、経路も特に決めず、適当に立川を目指すことにした。なぜ国立を経由したかったかというと、甲州街道沿いにある谷保天満宮に行きたかったからである。それではなぜ谷保天満宮なのかというと、昨日の話の続きなのだが、国立に住み、この場所が大のお気に入りだった山口瞳の文学碑があるからである。

yamaguchihitomi_bungakuhi.jpg

 またこの天満宮では、伊丹十三と宮本信子が式を挙げている。立会人はもちろん山口瞳。山口は伊丹(当時は一三)のエッセイストとしての才能を見抜き、一度「文藝春秋」に持ち込んだ没原稿を「ヨーロッパ退屈日記」として「洋酒天国」に掲載させている。伊丹十三という人物もとても興味深いが、今日のところは割愛、またの機会ということに。その後国立界隈をフラフラと散策していると、山口瞳の住居らしき場所を発見し興奮したが、真偽のほどは定かではない。

 立川でヨメの買い物に付き合い、HMVでは聴きたくて仕方がなかったチープ・トリックのベストを入手。ホクホクしながら今度は国分寺へ向かう。途中恐らく立川飛行場への引込み線跡と思われる廃線跡などを眺め、緑豊かな高級住宅地を抜けると、JR鉄道総合研究所が見えてきた。

hikari_plaza.jpg
 0系の時期モデルチェンジの試作車両である951系

 鉄道総研の向かいには、ひかりプラザという新幹線資料館があるが、時間が遅く中には入れず。ちなみにこの界隈はかつて平兵衛新田と呼ばれており、新幹線の偉業にちなんで昭和41年に光町と名前を改めている。

 その後は名水百選に選ばれている国分寺にあるお鷹の道を見つけたが、暗くなってきたので簡単に通り過ぎてしまった。ここは天然のホタルが見られるらしいし、湧水も汲めるらしいので、また改めて来ることにしよう。


posted by たけ at 23:06| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 逍遥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰しています。
相変わらず、アクティブですねぇ。

私事ですが、たけ様のブログに触発されて!
恥ずかしながらブログを立ち上げました。
お時間ある時にでも覗いてやって下さいまし…。
Posted by omuraisucx at 2007年07月19日 00:17
>omuraisucx さま
こちらこそご無沙汰しております。
ブログ開設、おめでとうございます。近日中にリンク貼らせていただきます。
Posted by たけ at 2007年07月24日 00:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。