2007年02月11日

Hz@初台Doors

 土曜日は2CV乗りのハッチャキさん(2CV乗りの間ではワギワギさんと言った方が通りがいいな)のバンド、Hz(ヘルツ)のライブを観に初台へ。ライブは 4-D と Floppy というバンドとの対バンで、乱暴な括りをすると 4-D は「ジャーマン・ノイズやバウハウス感漂う音響系」テクノ、Floppy は「初代ファミコン世代的ダフト・パンク」といった塩梅でそれぞれ楽しむことができた。しかし自分に一番しっくりと来たのはやっぱりHzで、それは決してワギワギさんがいたからというだけではなく、笑いのセンスや好きな音楽のエッセンスが一番世代に近かったせいだろう。ワギワギさんの音楽活動を見るのは今回が初めてで、果たしてどんなドラムを叩くのか楽しみにしていたのだが、小さな身体をフルに使って複雑なビートを正確に刻んでいた。このライブがHzとしては7年ぶりということで、歌詞を忘れたり曲の入りを忘れたりと微笑ましい場面もあったが、半年に一度程度のペースで定期的にライブを行いたいとのこと。また観に行きたいと思う。


posted by たけ at 01:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。