2007年02月04日

そうだ、京都、行こう。(買い物&食い物編)

 2月に入ってしまったが、京都編、もうちょっと続きます。さて京都では何も神社仏閣だけを廻っていた訳ではない。ちゃんと買い物もしているし、美味しいものもしっかりいただいた。まず美味しいものとして、私が京都に来たら必ず行くお店が、「京極 かねよ」

kaneyo.jpg

 どうですこの佇まい。ここは大正時代から創業100年という老舗のうなぎ屋さん。ここでぜひご賞味いただきたいのが…、
kaneyodon.jpg

 きんし丼。うな丼の上に京風だし巻きがドーン! 写真では分かりませんが、特製のタレにつけ込んだうなぎの蒲焼きはちゃんとだし巻きの下に横たわっております。私はうなぎも玉子もどっちも好きなので、このコラボレーションはたまらない。今回もがっつりといただきました。

touseian.jpg

 続いてはまっつま様オススメの豆腐料理のお店、「豆生庵」。写真を撮るのを忘れてしまったが、生湯葉から湯豆腐まで、淡白ながら上品、バリエーション豊かな豆腐料理をたったの1,000円(ランチ)で堪能できるお値打ち店。中でも揚げたばかりの厚揚げのサクサクとした食感と香ばしさ、後から口に広がる大豆の味には下を巻いた。その他にも夜は木屋町、先斗町近辺のおばんざい屋や、和食に飽きた最終日はホテル近くのスペイン・バルへ繰り出したが、おばんざいは下味からとても丁寧に作られているので滋味に富んでいるし、スペイン・バルはパンチの効いたピンチョスが豊富で、フルボディの赤ワインが進んだ。やっぱり京都は何を食べても口に合う。ただし一つだけ残念だったのは、「出町ふたば」が正月休みだったので、豆餅が食べられなかったこと。次回こそはと心に誓った正月の私だ。

 一方買い物の方はといえば、正直言って不発に終わった。旅行に出るまでは、錦市場の料理道具店、「有次」のちろりを購入しようと意気込んでいたものの、いざ本物を目にすると、さすがにモノは素晴らしいが10,000円近い金額に尻込みしてしまい結局購入せず。もう一つの目玉、「一澤信三郎帆布」は雨の開店間際だというのに行列ができている。警備員に訪ねると「一時間以上は並んでもらう」ということでこちらも断念。結局いつも立ち寄る一乗寺にある本屋さん、「恵文社」で本とブックカバー、三条大橋の近くにあるがま口屋、「まつひろ商店」でおしゃれな名刺入れを買うにとどまった。

shinzaburou.jpg
 「信三郎帆布」のにぎわい。手前にも長い行列ができているのです。ちなみに対面の「一澤帆布」は正月休みのようでした(笑)。


posted by たけ at 18:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。