2006年05月05日

谷根千ぐるぐる

 今日はヨメと二人で谷根千へ。

yanaka.jpg

 谷根千というのは、文京区と台東区の境にある谷中・根津・千駄木の総称で、古き良き下町の風情が残されているこの界隈はちょっとした観光名所になっており、今日も GW 真っ只中ということもありなかなかの賑わい。特に事前に情報を収集したわけでもなく、その場で入手した無料のガイドマップを片手にウロついたのだが、最近は古い建物や懐かしいたたずまいだけでなく、若い人たちが店を出して街を活性化させているようだ。特に不忍通りに点在する古本屋は他とはちょっと違う個性的な本が並べられていて、とても面白かったのでついつい長居をしてしまった。欲しい本はたくさんあったのだが、今日のところはガマンガマン。その他にも S坂の上にあったという内田百フの住まい、夏目漱石の旧居、藪下通りにあった森鴎外の観潮楼などをそぞろ歩き、気分はすっかり文学散歩。気がつけば昼過ぎから日暮れまで、延々 6時間以上も歩き続けた。今度は迷子になるつもりで路地を歩き、ピンときた飲み屋で一杯引っ掛けて帰るのも面白そうだ。

soseki.jpg
 漱石の旧居前には、石碑と石でできた猫が。

 ところで、煎餅屋の前に人だかりがあったので何だろうと覗いてみたら、立川流の家元がビール片手に路上サイン会?を開いていたのには驚いた。あれは一体何だったのだろう?


posted by たけ at 23:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 逍遥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。