2006年04月09日

素晴らしき日曜日

 今日は朝からいい天気だったので、ヨメと一緒に自転車に乗って世田谷文学館で開催されている「花森安治と「暮らしの手帖」展」を見に行った。

 「暮らしの手帖」はヨメのお気に入りの雑誌なのだが、読者に誠実な内容はもちろん、写真、イラスト、タイポグラフィのデザインが素晴らしく、今どき珍しく丁寧に作られている感じが私もとても気に入っている。そして今年の正月にヨメの自宅にあった「暮らしの手帖 300号記念特別号」を読み、この雑誌が戦後まもない昭和23年に創刊され、その当時から極めてスタイリッシュなエディトリアル・デザインと、庶民の暮らしに焦点を当てた丁寧な雑誌作りが行われていることにとても驚かされた。元々雑誌のデザインには少なからず興味があるので、そのときから私の頭の中には、この雑誌の編集長を30年に渡って務めた花森安治という名前が気になっていたのだ。

 この展覧会は今日が最終日だったのだが、編集長であり、イラストレーター、装丁家、コラムニスト、コピーライター、ジャーナリストと多彩な顔を持つ花森安治の仕事を特集していて、「暮らしの手帖」の表紙を飾った原画やカットはもちろん、彼が手がけた本のデザインなども数多く展示されていてとても見ごたえがあった。パンフレットには花森のメッセージは今流行の「スローライフ」や「LOHAS」に通じる、と書いてあるが、戦後の物資が乏しい時代の、少しでも心を豊かにするための庶民の知恵と、お気軽なファッション、富裕層の道楽としてのエコロジーとは一緒にするべきではないだろう。

 その後はパンを買い込んで環八を渡った神田川沿いのベンチで遅めの昼食を摂り、阿佐ヶ谷のフレンド商会で自転車のパーツを買って家に戻った。一日中お日様に恵まれたせいもあり顔が少しヒリヒリするが、楽しい一日だった。

kandagawa.jpg


posted by たけ at 23:36| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 逍遥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれ?たけさんMTBでしたっけか?
どちらも所有なのかなぁ?
そういえば、ケーブルで見れるESPNでチャリやってるんですね、チトみてみようっと♪
Posted by lfo at 2006年04月10日 18:22
40年になるなぁ〜、初めての自転車買った店>フレンド商会

某雑誌で「無人島に一つだけ持って行っていいと言われたら?」
と、質問され「暮らしの手帖!」と答えてたのは誰だったかな、、、。
Posted by ☆ at 2006年04月10日 20:54
CG誌って発刊当時彰太郎先生の理念は「自動車雑誌の暮らしの手帖になる」というものだったハズ。今や見る影もない、か?

ロハスって「タダばっかり」ってこと?(違)
Posted by タチウオ at 2006年04月10日 21:25
>lfoさま
MTBはさる筋からタダでいただきました。チャリ通にはロードを使ってますが、近場は気軽にMTBに乗ってます。
ロードレース、見るとハマるよ〜(笑)

>☆さま
おぉっ! ☆さまも自転車少年だったのですか。
売った自転車しか整備しないという高飛車な態度が鼻につきますが、パーツの品揃えがいいのでついつい買いにいってしまいます。>フ○ン○商会(今さら伏せ字)
無人島には「暮らしの手帖」より「サバイバル・マニュアル」の方が無難かと(笑)

>タチウオ師匠
CGってそんな理念を持っていたんですね。まぁ「庶民のため」とか言って軽自動車ばかり扱ってたらあれほど権威のある雑誌にはならないでしょう。
Posted by たけ at 2006年04月11日 00:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。