2010年02月15日

決断の時

 久しぶりに観た日本代表戦、対香港戦と今日の韓国戦の感想の箇条書き。

■岡田さんのやりたいサッカーの基本は、「相手のボールをすばやく人数をかけて囲み、奪って前に展開する」ことだと思っている。

■確かに囲い込みは出来ていたし、ボールもある程度は奪えていた。しかしそこからの展開についてはみんながボールを見てばかりで、前線で前を向いて攻撃できる選手が見受けられなかったし、皆同じ方向に走るのでパスコースもない、という袋小路。

■その分開いたサイドで内田、長友は攻守ともに頑張っていたけど、クロスの精度も悪いし、ターゲットもいなかった。

■そしてパスサッカーが主体とはいえ、ショートパスばかりで緩急もなく、しかも足元ばかり。さらにドリブル突破もない、となれば、相手は守りやすいよな。大久保や明らかに調子の悪そうな中村憲を使うのであれば、柏木、金崎、乾、そして(ケガだが)石川直辺りがいればもう少し変化がつけられたはずだが。

■ところで、岡田さんはなぜ大久保を重用するの?正直今の代表には要らないだろう。おまけにケガしたみたいだし。

■実戦での連携を確認できないまま、厳しい条件の中で投入された岩政は、先のW杯オーストラリア戦の茂庭を見ているようだった。ここで変に自信を失わないで欲しい。

■結局のところ守備も攻撃も闘莉王頼みだった、ということか。

■だけど見ていて本当に歯がゆかったのは、負けているにも関わらず、闘志も悔しさもまったく伝わらなかったこと。これはもちろん選手も悪いけど、チームをまとめたり、雰囲気も変えられない岡田さんの監督としての重要な能力に疑問を感じざるを得ない。

 日本のようなサッカーの「新興国」にとって、W杯は勝ち負けはもちろん、世界に対して日本のサッカーをプレゼンする重要な場。だから負けるにしてもグッドルーザーであってほしい、技術的には劣っても全力を尽くして欲しいと常に願っている。精一杯やりましたが勝てませんでしたスミマセン、となっても、それがちゃんと伝われば熱心なサポーターだけでなく、いわゆるニワカなファンも惜しみない拍手を送ると思うし、やっぱり世界の壁は厚いなぁ、でも次は見てろよ!と晴れやかな気持ちにもなるはずだ。ところがジーコの時もそして今も、勝負に対する姿勢がまったく見えないのは、致命的だと思う。残り3ヶ月の間に何も変わらないかも知れないけど、現状では岡田監督を指示することは出来ない。協会も決断するべきであろう。


追記

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/soccer_national_team/?1266163796

 まぁ、日本サッカーの元凶は協会なんだよな。方針は行き当たりばったりのクセして、結果に誰も責任を負わない、という。
posted by たけ at 00:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。