2009年08月31日

さて、

 大方の予想通り、今回の選挙は民主の大勝利、自民の歴史的大敗で終わりそうである。難しい話は何も知らない国民をあっちからこっちへこれだけ操作できるんだから、マスコミ商売はやめられないわな。特に朝日や毎日なんかは大喜びだろう。

 ともあれ、これからは民主党の政権実行力が試される。今回の選挙は民主党がいい、というよりは、自民党じゃなければなんでもいい、実績がある年寄りよりは可能性のある若い候補に票が集まっただけ。いきなりマニフェストには書いてない、そして世論調査では90%以上が反対している外国人参政権などを真っ先に国会で審議し始めたら、国民はあっという間にそっぽを向くだろうし、極右から極左まで抱える民主党がいつまでも一枚岩でいられないだろう。何でもアメリカ共和党のシンクタンクは、「日本は今年12月にもう一度選挙がある」と予測しているとの話もあるらしいし。できれば今まで自民党が長い間政治を押し進めた故のさまざまな、そして理不尽な利権なんかを一掃した上でバラバラになってほしいものだ。しかし万が一政権が長く続くとなると、給与の4割が税金と年金に取られ、自動車税が1台5万円アップ、光熱費も年間36万円アップになる可能性もある。おまけに日教組教育の被害者としては、民主党政権で日教組がハバを効かせるならば、偏った歴史教育や日の丸も掲げない公立の学校には我が子を行かせたくない。そうなると小さいうちから子どもを私立に行かせた方がいいかも知れん。う〜む、生活が厳しくなる、というか、このままでは立ち行かなくなるな(笑)。金美齢さんの言う通り、「自民にお灸を据えたつもりが、国民がお灸を据えられた」なんてことになりませんように。
posted by たけ at 00:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126855657

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。