2009年08月30日

選挙前夜

 以下、テレビや新聞が報道しなかった麻生総理の功績をリンクします。全部見ると40分くらいになりますが、朝晩が比較的過ごしやすくなり、夜も少しずつ長くなってきたので、お茶でも飲みながらごゆっくりどうぞ。



 この件について、IMFのストロスカーン専務理事は、「日本による貢献と融資は、これまで人類の歴史の中で最大のもの」と絶賛している。

 続いてこちらは本年度の予算編成の話。それにしても、この世界レベルの経済危機の渦中、代案も出さず、自民案には何でも反対とばかりに難癖をつけ、審議が引き延ばされたおかげで日本の国益が一体どれだけ損なわれたことか。民主の罪は重いぜ。



 そしてこれは外務大臣時代の中東和平外交の話。「平和と繁栄の回廊」なんて、ほとんどの人が知らないだろう。かくいう私も、このことを知ったのは恥ずかしながら割と最近の話(笑)。





 しかし、総理大臣就任以来これといった失策もないにも関わらず(個人的には「かんぽの宿」の件で西川社長を切らずに鳩山総務大臣を更迭したことには失望したが)、ホテルの高級バー通いがけしからんとか、漢字が読めない、カップラーメンの値段が分からない、発言がブレたから総理に不適格とか、ホントに些細でくだらないことでバッシングされ総理の座を降りてしまうのはなんとも惜しい。確かに今回の選挙戦で自民党が苦しんでいるのも、今まで与党という立場に胡座をかいていたことも大きな理由だろう。しかしこの人のスケールの大きさや、日本人離れした世界に対する度胸の良さ、そして決断の早さは、まだまだ難しい局面が続く日本にこそ必要だと思うのだが。
posted by たけ at 01:02| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126785353

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。