2006年01月24日

最近読んだ本。

machiba.jpg
「街場のアメリカ論」内田樹 NTT出版(ISBN4-7571-4119-X)

 贔屓にしている内田さんがアメリカを語る、ということで期待たっぷりで読み始めたのだが、はっきり言って肩透かし。論理を展開するための参考資料があまりにも貧困すぎる。さすがにジェンダーフリーやフェミニズム論争に対する意見は鋭いが、いつも読んでいることなので新鮮さもないし。つまりこれは、私が内田さん、ないしは面白いと思っていた内田さんのスペクタクルで、時にトンデモな論旨に飽きてしまったということか。もうこの人の本はしばらく買わないと思う。


posted by たけ at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。