2009年01月15日

良い音楽を聴かせろ。

 最近、ラジオをめっきり聴かなくなった。テレビ、特に地上波は数年前から見限っているのでほとんど見ていないが、ラジオもどの放送局も似たような情報に退屈な最新ヒット曲ばかりで滅多にラジオのスイッチを入れることもなく、おかげで不意に流れて来た未知の曲に胸をときめかせたり、エヴァーグリーンな名曲に手を止めて聞き入ることも少なくなった。聞けば今やテレビに限らずラジオも、選曲に関してレコード会社やアーティストの所属事務所などから厳しくコントロールされているらしい。かつて開局間もない頃のJ-WAVEなどは洋楽しかオンエアしないことをモットーにしており、当時はなんて傲慢なラジオ局だと憤ったものだったが、今となってはそんな特色すら出せなくなっているのである。

 ラジオを聴かないとはいえ音楽は聴きたい、しかし最近のヒット曲は知らないし、もとより興味もない。そうなると自分が古くから慣れ親しんできた音楽を聴きたいとは思うのだが、過去にエアチェックやレンタルCDを借りて聴いていたそれらの音源はカセットであり、10年以上前に全部処分してしまったので自分でもビックリするほど手元にない。というわけで、今年から月一でCD、それも子供の頃に良く聴いていたものや、基本とも言える名作などを買っていこうと思い立ち、今日会社の帰りに新宿の某大手CDショップに寄ってみた。ところが、いわゆるロックの定番といえるものを探しているにも関わらず欲しいCDが見当たらない。決して狭くはない売り場にあるのはやはり最新のヒット曲や、せいぜいここ20年くらいのものばかりで、その薄っぺらな品揃えには目を覆いたくなった。もはやCDショップも新しい曲を売ることしか考えていないのであろうが、ミリオンセラーが次々と生まれる時代ならまだしも、すでにCDが売れないと言われて久しい昨今にあって、頼りになるのは流行に左右されないコアなリスナーのはずである。CDが売れない原因はなぜか、サプライヤーはいい加減真剣にこの問題に取り組んだほうがいい。決してiTunesのせいだけではないと思うのだが。
posted by たけ at 01:33| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近CDショップというところに侵入していないので、現状を読んで驚きました。タケさんの言われることはごもっともだと思います。

一元的に見て探すには、やっぱりアマゾンになっちゃうのでしょうね。ボクも最近は古いものばかり探すので、アマゾンに頼りっきり。。。


そんな中、火曜日に萩原健太さんがAMラジオ番組中にボズ・スキャッグスの新譜を紹介されていました。数曲聴きましたが、欲しくなりました。企画は最近ありがちな「ジャズスタンダードを歌う」というものでしたが、ボズも歳のせいか?(笑)いい味でてましたよ。
Posted by タチウオ at 2009年01月17日 12:10
>タチウオさま
ネットショッピングは二の足を踏みがちですが、古いものならアマゾンが確実かもしれませんね。
萩原健太さんはAMで活躍中ですか。自分の音楽の先生の一人なので、機会があれば聴いてみます。ボズ、あの声でスタンダードは嵌るかもですね。
Posted by たけ at 2009年01月18日 22:43
所謂ロングテール商品は、あの手の大規模集約店舗でないと商売にならないのでしょうね。


健太さんはTBSの火曜日1時からの「ストリーム」内で3時ごろから音楽コーナーをご担当です。録音して聴いてみてください(笑)。
Posted by タチウオ at 2009年01月18日 23:19
>タチウオさま
お昼かぁ。さすがにそれは聴けないわ(笑)。ポッドキャスティングでもできればいいのに…。
Posted by たけ at 2009年01月25日 21:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112625543

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。