2008年10月05日

踏ん張れ(J1 第28節 F東京 vs 清水)

F東京 1-5 清水
得点者:20' 山本真希(清水)、39' 岩下敬輔(清水)、44' 原一樹(清水)、59' エメルソン(F東京)、78' 岡崎慎司(清水)、89' 戸田光洋(清水)

 9月は負けなしの5連勝、あれよあれよという間に順位も6位まで昇り詰め、首位との勝ち点差わずか4。これはひょっとしたらひょっとするかもという気持ちが選手にもサポーターにもあったと思うこの試合、しかし結果的には冷水を浴びせられる厳しい試合となった。清水は東京の特長である細かいボール回しをさせないためにFWからのチェックを欠かさず、両翼にはDFを2枚使って裏を取らせず、攻撃の芽をしっかり摘み取った。またロングボールを効果的に使ってウチのDFとMFのラインを序盤から分断、FWを孤立させることに成功していた。序盤の3失点は多少運もないところもあったが、1点目の徳永の緩慢な守備、あそこはコースを切るなり、人にマークに付くなりして欲しかった。この辺のツメの甘さがまだ中位を争うチームなのだ。

 東京も後半にエメルソンと大竹を一気に投入してリズム良く攻めている場面もあったし、事実59分にエメのゴールが決まって追い上げムードも漂ったが、カウンターでさらに2失点し万事休す。これだけの失点を食らえば逆にサッパリとしたものである。リーグも残り6試合だし、来年、そして天皇杯につなげるためにどこまで上位に食らいついていけるか、ここからどれだけ踏ん張れるかがこれからの見所。下を向いている暇などないのだよ。
posted by たけ at 16:33| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして^^
通りすがりにお邪魔させて頂きました^^ 応援ポチッ!!
宜しければ私のところにも遊びに来てくださいね♪
Posted by @音三昧 at 2008年10月05日 18:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/107634467

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。