2008年07月27日

やるせない(J1 第19節 FC東京 vs. 横浜F.マリノス)

F東京 1 - 1 横浜FM
得点者:4' 大島秀夫(横浜FM)、9' エメルソン(F東京)

 不完全燃焼。中断前までに見られた攻撃のダイナミックさはもはや影薄く、パスは繋がってもシュートには結びつかない、セカンドボールも拾えない。そもそも攻めの緩急がなく相手に守る時間を与えてしまい、また単調なので簡単にボールを奪われてカウンターを食らう、というパターンの繰り返し。唯一の見せ場だったエメのゴールを見れば分かるが、ああいった速攻を有効に使わないと細かいパスワークや遅攻で相手を崩すのは難しいだろう。マリノスの雑な攻撃、シュートの精度の悪さに助けられたけど、名古屋や鹿島や川崎が相手だったら、ホームで去年の多摩川ダービーのような大虐殺ショーが繰り広げられたに違いない。そういった意味ではラッキーな引き分けだった。

 エメの先発については、ここ数試合の途中出場がまったく効果的ではなく、カボレがフレッシュなうちに使ってほしいという思いがあったので◎。案の定この二人のコンビでゴールを決めてくれた。平山もここ数試合とても頑張っているのは認めるが、トップ下でも早くも伸び悩んでいるのは明白だったので、赤嶺の先発も頷ける。しかしそれ以外の城福采配には不満が残る。椋原は小宮山と山瀬のコンビネーションに終始翻弄されていたので、後半からでも素直に金沢を置いてボランチに浅利で良かったように思う。件の平山は今の調子では途中から入ってもチームの流れを変えられるとは思えないし、石川も最後まで試合に入れなかった感じだった。もう一人の交代枠の大竹も入ってきたのはいいが羽生が下がってしまったことで攻撃がさらにスポイルされてしまったように思えた。城福さんの言うことは終始一貫しているし、何度も言うがチームの方向性は間違っていない。しかしここ数試合の不甲斐なさ、同じミスを何度も繰り返しているところを見ると、ひょっとしたら城福さんは普段の練習、そして試合中の適材適所の修正能力に乏しいのかもしれない。城福監督就任前にブログ等で見られた不安派の中に、選手経験、監督経験の少ない点を挙げた方がいられたかと思うが、何となくその不安が露呈し始めたのではないだろうか。選手・チームはもちろん、監督の成長こそ急務に感じる今日この頃だ。
posted by たけ at 10:55| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
引き分けが続きましたね。去年なら連敗...
 涼しくなったら選手の体力気力集中力も戻り、また思いがけず大活躍してくれると期待して、応援に行きたいと思っております。その時はよろしくお願いいたします。
Posted by familyk at 2008年07月30日 22:57
>familykさま
うん、確かに去年なら連敗していたかも知れません。
今はとにかく持ちこたえて、9月辺りに調子を取り戻して上位で終わってくれれば、という感じですね。
またスタジアムに遊びに来てください。
Posted by たけ at 2008年08月02日 22:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。