2008年06月29日

諸刃の剣(J1 第14節 FC東京 vs. ジェフユナイテッド千葉)

F東京 1 - 1 千葉
得点者:39' 佐原秀樹(F東京)、68' レイナウド(千葉)

 約1ヶ月半の中断期間を終え、また週末にJ1リーグが帰ってきた。ここまで3位という好位置につけている東京、今日の相手は最下位に苦しむ千葉ということで、勝ってしっかり上位陣に食らいついていきたいところだったが、雨でピッチコンディションの悪い中前半8分に今野が一発レッドで退場、試合のほとんどを10人で過ごさなければ行けない苦しい展開。それでもコーナーキックから佐原のヘッドで先制し、試合を優位に進めていたが、負傷したDFが治療のためにピッチの外に出た時間帯に追いつかれ、結局1-1のドローで終わった。アイスホッケーで言うパワープレイ中での失点という形は先日の名古屋戦と同じ。その間クリアボールを出来るだけ高く、遠くに蹴る、場合によってはイエロー覚悟でプレーを止め時間を稼ぐ、くらいの工夫は欲しかった。終始一人欠いていたとは言え勝てない内容ではなかっただけに残念である。

 しかし、それにしても佐原である。今野の一発レッドの引き金になった凡プレーといい、フィフティのボールに対するヘディングの対応にもかなり前のめりになって相手選手に当たっていくので毎回本当にヒヤヒヤさせられる。その一方で今日はしっかり先制点を決めているし、失点の場面でピッチ外にいたのも佐原。何だか良く分からないが、自分は目立たないようにしていてもいつの間にかスポットライトを浴びちゃうタイプなのだろう、彼は。茂庭が負傷し、吉本ら若手にはまだ自信を持ってセンターバックを任せられない以上、しばらくはこの諸刃の剣を使い続けて行かなければならないのだろう。増嶋、戻ってこないかねぇ。
posted by たけ at 23:56| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ありがとうございました。
昨年とは全く違い、粘り強いチームになりびっくり。監督の影響は大なのだと改めて勉強になりました。
帰りは、西調布を試しました。こちらのほうが人が少なくて歩きやすいので次回も帰りは西調布経由と思っておりす。ただ食事をする場所が養老の滝一軒でした。近くにファミレスとかあればいいのですが。
Posted by familyk at 2008年07月01日 14:45
>familykさま
日曜日はお疲れさまでした。
今年はホントに粘り強いし、退屈な試合がないので味スタへの行き帰りも足取りが軽いです(笑)。またぜひお越し下さい。
西調布の周辺には、残念ながらファミレスはほとんどないと思います。もう一駅、調布まで足を伸ばせば何とかなりますが、いかんせんお子様と一緒となるとしんどいですかねぇ。
Posted by たけ at 2008年07月02日 00:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。