2009年06月17日

R.I.P.

これはすばらしいシンガーであり、ソングライターでもある話題の男、ケニー・ランキンをわが国に本格的に紹介するアルバム。彼について述べる前に、このアルバムがまことにビューティフルで楽しい内容を持った魅惑的なアルバムであることを申し上げたい。

 私の手にある一枚のレコードのライナーノーツは、こんな書き出しで始まる。解説は今は亡き音楽評論家、青木啓さんだ。1974年にリリースされたそのアルバム "Silver Morning" は、私が20代で最も聴いた一枚と言って過言ではないし、仲のいい友達やちょっと気になる女の子に渡すカセット・テープやMDには、必ずこのアルバムのB面1曲目に収められている "Haven't We Met" を入れていた。私にとっては思い入れもあるし、思い出深い1曲である。そんな素晴らしい曲を書いてくれたケニー・ランキンが6月7日、肺癌による合併症で亡くなった。享年69歳。1年半ほど前に観たライブで、咳払いをして喉の調子が悪そうだ思っていたが、そのときにはもう彼は病に冒されていたのかも知れない。
ケニー・ランキンのヴォーカルは、スムースであたたかく、都会的な洗練されたセンスが光っていて美しく楽しい。軽妙な表情にはウィットが感じられ、さらにジャズ・ヴォーカルにも通じるフェイクの面白さや、スキャットのスリルもある。おそらく誰方にも好感をもって迎えられるコンテンポラリーなポップ・ヴォーカルと言えるのではないだろうか。

 引き続き青木氏のライナーからの引用だが、もうこれ以上の説明はいらない、というくらい彼の特長や素晴らしさをとらえた一文である。Little Davidというその名の通りの小さいレーベルからリリースされた3枚のアルバムしか持っていない私は、彼の40年以上に渡る音楽キャリアのほんの一握りしか知らない、つまり熱心なファンとはとても言えない。しかしそれでもこの人の声が私の人生にどれだけの潤いを与えてくれたことか。天国で安らかに。合掌。

posted by たけ at 00:05| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

今月の一枚A

 前回、「毎月一枚自腹でCDを購入する」と言っておきながら、すっかりほったらかしのこの企画。いや、新譜・旧譜を問わず、限られたお小遣いを握りしめ毎月一枚ずつCDは買っているのだが、紹介する時間がないのである。とはいえ、イキの良い新人をまた見つけたので、ここはぜひ皆さんに紹介したい。

trueromance.jpg
"True Romance" Golden Silvers

 子供の頃からあまりジャンルには捕われず音楽を聴いてきたつもりだが、個人的に一番しっくりくるのは、やっぱりパンク〜ニューウェイヴ以降の、イギリス系の気持ちいい、だけどちょっとヒネクレた感じのポップミュージックである。そしてゴールデン・シルヴァーズというちょっと人を喰ったような名前のこの3人組も、それらのバンドの延長線上にあると言える。だけれども、それら'70年代後半から'80年代中盤までに現れたバンドがそれ以前のロックなどに影響を受けたものであるのに対し、このバンドは新鮮なのは、もちろんそれらロック、ポップスの基本はおさえつつも、'80年代の音楽こそがその源泉なのではないかと思わせるその感覚である。


True No.9 Blues (True Romance)

 スタジオライヴ風のPVといい、そのファッションといい、多少のパロディはあるにしても、どうですこのエイティーズ感。


"Arrows Of Eros"

 こちらは上の "True No.9 Blues" のディスコ調とは違って、ちょっとネオ・アコースティックを彷彿とさせる。ボーカルはニック・ヘイワードっぽい?


"Magic Touch"

 そしてこちらはパンク直後のニューウェイヴのようだが、ファッションは'60sだね。

 これらの曲を聴いていくと、きっと彼らは私の世代の音楽好きが'60年代の音楽を、その時代背景を含めてむさぼり聴いたように、'80年代の音楽を聴いたのではないか、そんな気持ちにさせるのである。しかし今時エイティーズの影響を受けたアーティストなどあまたいるが、何より彼らが凡百の人たちと異なるのは、それらの影響を素直に表しつつも、どの曲もポップスとしてのクオリティの高さを感じさせるし、しっかりとオリジナリティを保っている点である。かつて故ナンシー関が当時飛ぶ鳥を落とす勢いであったダウンタウンのことを、「お笑い地肩が強い」と評していたが、私はこのバンドにそんな地肩の強さを思うのである。というわけで、また一つ気になるグループを見つけてしまった。今後もこのバンドには注目していきたい。
posted by たけ at 23:02| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

FTP2009報告 その2

 前夜祭が済んだ次の日は、いよいよ本番のFTP。軽い二日酔いを覚えるも、目覚めは快調。昨日の前夜祭のメンバーたちとつるんで小松から福井県あわら市にある「金津創作の森」へ向かう。

ftp2009_10.jpg
 ググッと加速するSM。シトロエンの中でも見た目の優雅さとワイルドさのギャップは随一。

続きを読む
posted by たけ at 00:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。