2008年11月04日

湘南チャリティーライド2008

 昨日我が家に新しい車、ルノー・カングーがやってきたことはヨメのブログでも触れた通り。ヨメのここ1ヶ月程度の揺れ動く思いは彼女のブログで堪能していただけたことと思うが、世界的な金融不安から景気後退が現実となった昨今、自分としても家のローンがまだまだ残っていて、家計も決して裕福でないこの時期に車、しかも新車を買うなんてという漠然とした不安はあった。しかしこれも何かの縁だし、この車ならずっと付き合って行ける、別れる時は死ぬ時です、という思いで購入に踏み切った。そして今日は早速そのカングーを駆って、Make-A-Wish Of Japan が主催するイベント”湘南チャリティーライド2008”へ出かけた。

makeawish2008_02.jpg
自転車一台なんて平気の平左。この圧倒的な空間こそカングーの真骨頂である。

 このイベントに出かけたのは、イベントの企画に携わっている人やボランティアスタッフとして働いている人、そして出展者にもお知り合いが多いことと、久しぶりに自転車を担ぎだして「スポーツサイクル教室」に参加するためだった。この「スポーツサイクル教室」、基本的な趣旨は自転車が好きな子供や、これから自転車に親しもうとする子供たちを対象に、自転車に乗るための基本技術やマナーを学んでもらうという子供のための企画なのだが、大人もOKということだったので「大きなお友達」として参加させてもらった。しかし、この基本技術が簡単なようでなかなか難しい。スラロームや一本橋は技術はもちろん集中力も必要で、ちょっと気を緩めるとコースアウトしたり、脱輪したりしてしまう。子供たちの方は飲み込みも早く、スルスルとこなしていく。事実その技術の高さには舌を巻くこともしばしばであった。

 その時間以外は、それぞれの出店舗を覗いたり、いつものお仲間たちと談笑したりして過ごし、最後に皆さんにウチのカングーをお披露目して17時前に会場を後にした。ここしばらくは慣らし運転がてら、カングーでのイベント参加や外出が増えることと思う。今後ともオレンヂ号ともどもよろしくお願いいたします。


posted by たけ at 01:10| 東京 🌁| Comment(11) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。