2008年11月30日

成長(J1 第33節 FC東京 vs. アルビレックス新潟)

F東京 1-0 新潟
得点者:83' 赤嶺真吾(F東京)

 この前のホーム、アントラーズ戦はFBMのため観られず(余談ながら、いつもFBMとホーム戦が重なるのだが、こういうときに限って毎年劇的な勝利を飾るのはどういうわけだ?)、天皇杯の仙台戦も外出のため不参加。というわけで実に1ヶ月半以上もサッカー観戦から遠ざかっていた。そして今日はホーム最終戦、日差しはまだうららかなれど、一度陽が沈むと同時に体感温度もあっという間に下がり、ああ今年ももうこんな季節になったのね、と感じずにはおれない初冬の私だ。

 さて試合の方は、梶山の欠場が響いたかボールが満足に散らせない、またパスが短かったり弱かったりと悪い形でボールを奪われるケースが目立ち、お世辞にもいい状態とは言えなかったが、新潟のカウンターを耐えしのぎ、後半大竹のコーナーキックを赤嶺が頭で合わせて先制、そのまま逃げ切った。褒められる内容ではないとはいえ、けなすこともできない、なんとも評価しづらい試合だった。しかし去年までの東京であればあっさりと落としてしまう今日みたいなゲームでもしっかり勝てるようになってきたのは成長と言えるだろう。これで今年のリーグ戦のホーム成績は7勝5分5敗。本気で優勝を狙うならもっと負け数減らして、ホーム10勝くらいはしてもらわないとね。これは今後の課題ということで。

 次節はいよいよリーグ最終戦。相手は下位に沈むジェフだが、勝たなければ自動降格ということでそれこそ死にものぐるいで勝ちにくるだろう。個人的にはジェフは嫌いではない、というよりも好きなチームの一つだし、ぜひともJ1には残っていただきたい。しかし東京とてACL出場の条件である3位以内の可能性が微かながら残されているので負けるわけにはいかないのである。私はフクアリ初見参、あの素晴らしいスタジアムでこのようなテンションの高い試合を見られることを今から楽しみにしている一方で、すでに胃がキリキリするような思いを感じ始めている。

 しかしながら、毎年優勝も降格も最後までもつれる、こんな面白いリーグなんて世界を見てもそうそうない。余計なお世話とは言え、もっと日本人はJリーグの面白さに気づくべきだと思うよ。そして末筆ながら、山形のJ1昇格をお祝いしたい。来年は久しぶりに対戦できることを楽しみにしております。
posted by たけ at 11:23| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

初洗車

 カングーを購入してから、慣らし走行を兼ねて、週末ごとに出かけている。まず11月の9日、10日は、長野県のカントクさまのお宅へお邪魔した。カントクさまのお宅は南信州、天竜川の河岸段丘の中程にある木々に囲まれた場所にある。聞こえて来るのは果樹園の有害鳥獣駆除のための「ズドン」という音と、裏手の川のせせらぎだけというとても静かなこの家で、暖炉を囲みながらゆったりとした休日を過ごすことができた。

kangoo.jpg

 続く先週の土曜日はカルフール幕張で開催された"French French"へ行った。この日はプジョー206ローラン・ギャロスに乗る義姉のイベントデビューであったが、いつもお世話になっている皆さんにとても親切にしていただいたこともあり義姉も大満足の様子であった。

FFmakuhari2008.jpg

 そんなわけで、我らが「かっくん」の走行距離も納車されてからあっという間に850kmを超えたので、今日は初めての洗車を慣行した。我らがかっくんは贅沢にも納車前にボディ・コーティングを施してあり、このコーティングを長く保つためにもできるだけマメに洗車をして下さい、とルノーの営業の方にも言われていた。まだひと月も経っていないが、先週は少し雨にも降られたので今日やることにしたのだ。予想はしていたことだが、背高のカングーの洗車は洗う面積も大きく、骨の折れる作業であった。またスライドドアのレールやドアやバンパー、モールとボディの隙間に水がたまり、その拭き取りにも時間を取られた。しかし水弾きはいいし、ワックスフリーということであっという間に新車の輝きに戻った。って新車なんですけどね。

carwash.jpg
 「どうだい Steve、ピカピカだろ?」とTVショッピングのようにウチのEricも申しております。
posted by たけ at 01:34| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

湘南チャリティーライド2008

 昨日我が家に新しい車、ルノー・カングーがやってきたことはヨメのブログでも触れた通り。ヨメのここ1ヶ月程度の揺れ動く思いは彼女のブログで堪能していただけたことと思うが、世界的な金融不安から景気後退が現実となった昨今、自分としても家のローンがまだまだ残っていて、家計も決して裕福でないこの時期に車、しかも新車を買うなんてという漠然とした不安はあった。しかしこれも何かの縁だし、この車ならずっと付き合って行ける、別れる時は死ぬ時です、という思いで購入に踏み切った。そして今日は早速そのカングーを駆って、Make-A-Wish Of Japan が主催するイベント”湘南チャリティーライド2008”へ出かけた。

makeawish2008_02.jpg
自転車一台なんて平気の平左。この圧倒的な空間こそカングーの真骨頂である。

 このイベントに出かけたのは、イベントの企画に携わっている人やボランティアスタッフとして働いている人、そして出展者にもお知り合いが多いことと、久しぶりに自転車を担ぎだして「スポーツサイクル教室」に参加するためだった。この「スポーツサイクル教室」、基本的な趣旨は自転車が好きな子供や、これから自転車に親しもうとする子供たちを対象に、自転車に乗るための基本技術やマナーを学んでもらうという子供のための企画なのだが、大人もOKということだったので「大きなお友達」として参加させてもらった。しかし、この基本技術が簡単なようでなかなか難しい。スラロームや一本橋は技術はもちろん集中力も必要で、ちょっと気を緩めるとコースアウトしたり、脱輪したりしてしまう。子供たちの方は飲み込みも早く、スルスルとこなしていく。事実その技術の高さには舌を巻くこともしばしばであった。

 その時間以外は、それぞれの出店舗を覗いたり、いつものお仲間たちと談笑したりして過ごし、最後に皆さんにウチのカングーをお披露目して17時前に会場を後にした。ここしばらくは慣らし運転がてら、カングーでのイベント参加や外出が増えることと思う。今後ともオレンヂ号ともどもよろしくお願いいたします。
posted by たけ at 01:10| 東京 🌁| Comment(11) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

FBM翌日(番外編)

 いや、そんなにもったいぶって話すことではないのだが…。

続きを読む
posted by たけ at 01:25| 東京 ☁| Comment(22) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FBM翌日

 さて、FBMが終わった後も車山で一泊するのがすっかり恒例になっている我が夫婦。翌月曜日は少し足を伸ばして上田の別所温泉へ。

bessyo01.jpg

bessyo02.jpg

 道すがら突然現れた上田交通のモハ5250形電車。昭和2年製造で、1986年まで活躍した名車中の名車である。2枚目の写真にあるように丸くくり抜かれた窓が特徴で、沿線の人々に「丸窓電車」の相性で親しまれていた。別所温泉駅近くに同じ5250形が生体保存されていることは知っていたが、こんな場所にもあることは知らなかった。ここは長野計器丸窓電車資料館といって、その名の通り車内に入って当時の広告や切符、計器といった貴重な資料を見ることができた。ちなみに別所温泉駅の5250形よりずっと程度の良い状態で、愛を感じさせる保存のされ方をしているので、興味のある向きはこちらに足を運んでいただきたい。

bessyo03.jpg

 5250形はボロボロなれど、別所温泉駅そのものは大正10年に建築された趣のある洋風駅舎で、日本の名駅舎100選にも選ばれている。駅前の桜の樹も、春になればこの瀟酒な造りの駅前により一層彩りを添えてくれることだろう。

 さて別所温泉であるが、さすがに「信州の鎌倉」と呼ばれるだけあって、温泉はもちろん、北向観音や国宝の八角三重塔のある安楽寺、これまた重文の石造多宝塔のある常楽寺など見所も多く、平日というのにこの小さな温泉街は観光客で活気に溢れていた。私たちはそれほど時間があるわけではなかったが、「FBM後は温泉に浸かろう」と二人で話していたので、3つある外湯のうち「石湯」と「大湯」に入り、後は北向観音と八角三重塔を見学するにとどまった。

bessyo04.jpg

 この2つの温泉は源泉が異なるのか、「石湯」は比較的サッパリとした湯で、一方の「大湯」は硫黄の匂いが漂う「これぞ温泉」というしっかりした湯であった。しかし、この「大湯」で、あんな辱めにあうことになろうとは…。続く。
posted by たけ at 00:53| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

FBM2008

fbm2008_02.jpg

 平日の忙しさですっかりFBMの余韻も薄れてしまったが、ここで簡単にまとめておきたい。とは言っても、もう毎年欠かさずこのイベントに足を運んでいる身なので写真も少ないし、書くこともマンネリになってしまう。いつものようにフリーマーケットを楽しんで友達と会って話したり、色々な車を眺めたりして楽しみました、マル、と一言で片付いてしまうのだが、今年良かったことを2つほど。まず例年より開催が一週間遅かったこと。これは寒かった要因の一つではあるが、その分沿道の紅葉が例年よりはるかに美しく、その姿は正に燃えるようであった。傍らにオレンヂ号を止めてその姿を写真に収めなかったのが心残りである。
 
fbm2008_04.jpg

 そしてもう一つが最後に2CVだけで集まって写真を撮れたこと。2CV乗りって意外と個人主義の人が多くて、あまりこういう事を積極的にしない人たちが多いのだけど、今年は60周年ということもあってか、FBM終了後のコリブリさんの呼びかけで、夕暮れ迫る車山グラウンドに17台の2CVが集まってくれた。もっと早めに皆さんに声をかけていれば、この2倍、いや3倍の2CVが集まってくれたのではと思うと口惜しいのだが、これは来年のお楽しみにしておこう。
posted by たけ at 00:53| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。