2008年09月24日

アイドリング不調

 ここのところ我がオレンヂ号のアイドリングが安定しない。夏場は元々苦手で、パーコレーションやコイルがパンクして一時的に立ち往生したことは何度もあるが、以前カントクさまにコイルにリレーを付けていただいてコイルのパンクはなくなっていた。しかし最近またどうもパーコレーションのような症状が続いていたので、お馴染み2CV Weekendの掲示板に問い合わせたところ、識者の方々から様々なご意見をいただいた。曰く、

・進角(点火時期)のズレ
・燃料の混合気が低すぎる
・スパークプラグ、もしくはプラグコードの劣化
・コイルの接点不良
・アイドルジェットのつまり

などなど。素人考えではアイドリング不調=すぐパーコ、と思ってしまうが、実際にはこれだけ様々な理由が考えられるというのだ。そんなわけで、日曜日に症さま宅にまたしてもお邪魔して原因を究明することにした。相変わらずちょっとでも手間がかかりそうな時にはすぐ人の手を煩わせてしまうヘナチョコな私だ。

 到着後すぐにキャブレターのミクスチャーとアイドリング調整ネジなどをいじってアイドリングを安定させようとするが、やはり症さまの腕をもってしてもしっくりしない様子なので、まずはスパークプラグの焼け色、ギャップなどをチェック。焼け色、ギャップともに良し。続いてタイミングライトで点火時期のチェックをしてみると、ライトがチラチラとして安定していない。そこでプラグコードを交換してみたところ、アイドリングがグっと安定し始めた。どうやらコードのコイル側のギボシが少し緩んでいて、これがアイドリングの不調を招いていたようだった。とりあえず原因が分かって一安心、である。

 その後はキャブの開けてお勉強&清掃作業を行う。

carburettor2.jpg

 ご開帳。実はキャブを自分の手で開けるのは初めて。なんとなく触るのが怖くて敬遠して来たのだが、何事も経験だ。中には細かいゴミが沈殿していたので、スポイトを使って清掃作業。そしてアイドルジェット、エマルジョンチューブ、プライマリ/セカンダリジェットを外して清掃しようとしたのだが、エマルジョンチューブの一つ(写真上側)とプライマリのメインジェットがなぜか外れない。ネジがバカになっているかも知れないので、無理はせず外せるところだけを外して掃除した。キャブもスペアを持たなきゃダメね、やっぱり。

 メンテナンスの甲斐あって、帰路はアイドリングが不調になることは一切なく、安心して運転することができた。これからFBMなどのイベントがあるので、不安材料が減って良かった。その他ちょっとしたドレスアップパーツの症さまに作成していただいたのだが、それはまた後日にでも。
posted by たけ at 00:44| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

リアリストの勝利(J1 第25節 川崎フロンターレ vs. FC東京)

 「そろそろ夏休みの話でも」と言っておきながら、今日もサッカーネタです。

川崎F 0 - 1 F東京
得点者:5' 赤嶺真吾(F東京)

 前半早々に赤嶺のゴールが決まるも、16分の赤嶺の負傷退場、そして41分の今野の一発退場で一気に窮地に。これらのジャッジには言いたいことはある。しかしながら10人で1点を守り切るというリアリストに徹した東京がしぶとく守り切って勝利を収めた。試合終了の笛が吹かれた瞬間、DF陣がみんな倒れ込んだのもむべなるかな。今日は本当に大変だったと思うけど、フロンターレがボールをあまり散らして来ず、中央でばかり勝負してくれたのが幸いした。
 それから前節に引き続き際立ったのは城福さんの采配。赤嶺のアクシデントで大きくプランが崩れただろうが、交代した平山は前半こそポストになれずに苦心したものの、後半はしっかりボールをキープしてきっちり仕事をこなしていた。右膝が心配なカボレに代わって入った鈴木も前節同様前に積極的にボールを運んでくれたので相手DFにはイヤな存在だったと思う。そしてエメルソンに代えて藤山の交代などは、1点を守り切る場面に備え前日に練習をしていたとのこと。いつも理想を追いかけるがあまり、選手交代後にチームがノッキングを起こすことがたびたびあったが、状況を見極め、この日はどんなにつまらない内容でも「勝つ」という現実を求めてくれた。少し前のエントリーで監督の成長こそ急務と書いたが、そろそろ前言撤回をした方がいいのだろうか(笑)。
posted by たけ at 00:59| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

サッカーづくし

 土曜日のJリーグはいつものように味スタで東京 vs. 大宮を観戦。3-1 でホーム久々の勝利なら、2点以上獲ったのも久しぶりとのこと。残念ながら快勝とはお世辞にもいえず、特に相手の攻撃のときに中盤が極端に下がってしまうところなどは相変わらずヒヤヒヤものだったが、長い間課題となったいたコーナーキックと、フリーキックからの得点は素直に評価したい。ここ数試合の茂庭の復調に続き、ナオにも復活の兆しが見えて嬉しい限り。しかし何と言っても大竹である。あの逆転FKだけで軽く飯3杯はいける晩夏の私だ。

 土曜日に勝った勢いもあって、今日は高円宮杯を観戦しに西が丘へ。第一試合のFC東京U-18 vs. 桐光学園は、組織・個どちらの力も上回った FC東京U-18 が重松君の2ゴールで2-0と完勝。この2ゴールはどれも頭で決めたものだったが、難しい体勢から決めた素晴らしい得点だった。またゴールに繋がらなくても相手DFとの駆け引きで面白いアイディアを何度も披露し、このまま行けば初のFWのトップ昇格もあるのでは、と思わせる選手である。一方の桐光学園は、日本代表にも選ばれたFW瀬沼君を活かすことができなかった。

 そして第二試合は野洲高校 vs. 市立船橋。野洲のサッカーの面白さは、全国制覇を遂げた2005年からもちろん噂には聞いていて、TVでは観戦したことはあったが、生で観戦するのは初めて。いやぁ、驚かされました。フリーキックのこぼれ球からミドルで先制されるも、右サイド藤野君の4アシスト、FW坂本君の4ゴールで終わってみれば5-1で圧勝。とにかく個人のスキルの高さ、スピード、当たりの強さ、そして何と言ってもアイディアの豊富さ、どれをとっても市船を圧倒する見事な勝ちっぷり。決して身体が大きくはない彼らを見ていると、日本サッカーの正しいあり方はここにこそあるのではないか、そしてオシム監督が目指していた「日本サッカーを日本人化する」ことを一番実践しているのは彼らなのではないか、という気がした。とにかく観て楽しく、恐らくプレイしている選手も楽しく、なおかつ強い野洲サッカー、今更ながら注目していきたい。

 ここのところ忙しいことを理由にブログの更新をサボりがちでしたが、そろそろボチボチ上げて行きたいと思います。次からは夏休みの話などを。
posted by たけ at 01:17| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。