2010年03月26日

LOGORAMA

 今年のアカデミー賞の短編アニメーション賞を受賞した"LOGORAMA"がとても面白い。フランスの5Hというスタジオが作成し、ここに出てくる約3000にも及ぶ企業ロゴはすべて無許可使用、とのこと。ドナルド・マクドナルドが凶悪犯で警察がビバンダム、というのもフランス人の皮肉が感じられるし、これに賞を与えたアカデミーもシャレが分かるというか、懐が深いな。

 
posted by たけ at 23:12| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

リンク更新

 久しぶりにリンクを編集、追加しました。

赤黒飯店:もうトップページのリンクが切れて久しいこのサイト。しかしまだ生きているページもあるので、イベントページにリンクを変更しました。

2CV de ODEKAKE:2CVで頻繁に旅に出るくごうさんのブログ。2代目焚き火号も好調そうです。

つれづれなるままに:自称電気馬鹿、いっぺさんのブログ。改造という意味では恐らく日本一のサイバー2CVは必見。

へにょへにょ2CV:こちらもすでに更新が止まっているMin^2さんのサイト。整備系サイトとして今でも充分役立ちます。

kojiro art museum:言わずと知れた今村幸治郎先生のサイト。

月夜の出来事:そしてこちらは今村先生のブログ。

Eternalな自虐的日記:静岡でオレンジの2CVに乗るEternal7786さんのブログ。PDAの情報もどっさり。

旅する2CV:こちらも更新止まってますが、かつて2CVで都道府県全制覇を成し遂げた方のサイト。初めて見た時は驚きました。

Pas si simple:keiryopopoことスギウラさんの新しいブログ。もうすぐ納車のGSとの蜜月が綴られる、はずです。

French Blue Meeting:言わずと知れた秋のフランス車の祭典。今更ながらの追加です。

FTP official page:そしてこちらは5月のイベント、French Toast Picnicのオフィシャルサイト。

 実は日本最大の2CV系ポータルサイトを目指している当ブログ(嘘)、これでまた野望に一歩近づいた、か?
posted by たけ at 00:57| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

Rube Goldberg Machine

 "OK GO" というアメリカ・シカゴ出身のバンドがいる。正直ヒット曲に恵まれないバンドではあるが、このミュージックビデオが数年前You Tubeのビデオアウォードを受賞しているので、記憶にある方も多いと思う。

 そんな彼らが、今度はこんなビデオを作った。以前からピタゴラ装置好きを公言して憚らない私、これを紹介しないわけにはいかない。



 ところで、ピタゴラ装置のことを英語では、Rube Goldberg Machineというのだそうだ。おかげでYou Tubeで検索すると、世界中の色々なピタゴラ装置を見ることができて、お昼休みなんかのいい暇つぶしになっている。
posted by たけ at 22:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

大阪に取りに行ったもの

 さて、私が週末を利用して取りに行ったあるモノ、とは…

ducktail.jpg

 おっちゃんさんこと清水武志さん謹製のダックテール! おっちゃんさんはピアノも弾ける2CV乗り、もとい、2CVに乗るジャズピアニストで、車の整備はもちろん、ダックテールも自作する工作派の方である。昨年のFBMのときに、子供が産まれて2CVの室内が手狭になるので作成を依頼したところ快諾いただき、しかも出産祝いということで、大変ありがたいことにタダで作っていただいたのだ。

 さてこのダックテール、おっちゃんさんにとっては(多分)4つ目ということだが、作るごとに新しい工夫がなされていて、1つ1つが微妙に異なるらしく、私がいただいたものも他のとは違って簡単に着脱ができるある機構が取り付けられていた。色もオレンヂ号に会わせて綺麗に塗り分けられていて、造りもとてもしっかりしている。そしてもちろん荷物もたくさん入るし、なにより使い勝手も良いのでとても満足している。

 ちなみに我がオレンヂ号は東京〜大阪間の往復1000km強の道のりをノントラブルで走行、しかもここのところ悩まされている慢性的なエンスト症状もなかった。しかし良いことばかり続かない。オイル下がりの症状、そしてタペットの音もちょっと気になってきた。バルブステムシール交換、自分でできるかしら?
posted by たけ at 00:44| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

Go West!

 明日の早朝から日曜日の夜まで、あるモノを取りにオレンヂ号で大阪へ行って参ります。ヨメとムスコは留守番なので、いわゆる久しぶりの一人旅、そしてオレンヂ号にとっても久々のロングドライブ。何しろ昨年は2000km程度しか走っていないので、いきなり往復1000kmは少し不安なのだが、臆することはない、2CVで走りだせば距離に関わらず冒険なのだ、などと少々キザなことを思いついた早春の私だ。

 前回の海外出張同様、旅の模様はTwitterでチマチマと報告する予定である。お暇な方はこのブログの右上か、コチラを参照していただきたい。
posted by たけ at 22:44| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

開幕前夜

 さて、気がつけばあっという間に3月で、明日はいよいよJリーグ開幕。多くのサポーターたちが待ちに待ったこの日、また週末の試合結果によってその次の週の気分の浮沈が決まってしまう期間が始まるのである。

 私の応援するFC東京が開幕戦で対戦するのは横浜Fマリノス。日産時代のチームの象徴だった木村和司の監督就任、そして中村俊輔の復帰と何かとオフシーズンの話題をさらった相手だが、思い出されるのがちょうど10年前の開幕戦。そう、FC東京が初めてJ1で戦ったチームがマリノスであった。あの時はアウェーだったのだが、マリノスの攻撃を必死に耐えた末ツゥットのPKで逃げ切り、見事J1初勝利を挙げたのだった。その泥臭さから、俊輔が東京のスタイルを「部活サッカー」と揶揄したのも有名な話である。また個人的にFC東京の試合を初めて見たのも99年ナビスコカップ準決勝のアウェーマリノス戦で、この時は序盤の鮮やかなゴールラッシュで3-0で勝利し、そのゴール裏の雰囲気も含めて私が一気に東京に夢中になるきっかけを作ってくれたのだった。そういった意味では、何かと縁のあるチームなのである。

 明日の試合は米本の長期離脱、そして梶山と石川はベンチスタート濃厚、ということで一抹の不安はあるものの、森重、松下、そしてU-18上がりの重松あたりの新戦力を早くも見られそうなのでやはり期待の方が大きい。もちろん勝負はやってみなければ分からないが、対するマリノスも松田のケガやチーム戦術の不徹底など課題が多い様子。元々は開幕と名のつくものには滅法強かった東京。ここはすっきり勝って前半戦に弾みをつけたいところである。

 去年はナビスコカップを優勝したにも関わらず、サッカー関連のブログ記事を一切書くことができなかった。今年は自分の備忘録としてもできるだけ書いていくようにしたい。
posted by たけ at 00:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

お知らせ

 明日から一週間、カリフォルニア某所に出張です。寝太郎を寝かしつけた後からいそいそとパッキングを始め、先ほど終了。私は元々飛行機が苦手なのだが、新婚旅行中に激しい飛行機頭痛に襲われて以来、飛行機に対する恐怖心がさらに増している。出張先はAppleの本拠地が近くにあり、iPadのモックアップでも見られるのではないか、とか、時間見つけてCompany Storeに行けるかな、など楽しみにしていることはあるものの、とにかくあの飛行機だけは何とかならないものか。どこでもドアがあればいいのに、と子供みたいなことを夢想する初春の私だ。

 出張期間中は多分ブログなどは書くことはできないが、Twitterではポツポツつぶやく予定なので、私の安否はこちらで確認していただきたい。
posted by たけ at 00:40| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 随筆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

2CVオーナーズマニュアル

 日本のシトロエン・オフィシャルサイトにて、懐かしの2CVの日本語オーナーズマニュアルがダウンロードできます。期間限定かもしれませんので、ご興味のある方はお早めにどうぞ。

http://www.citroen.jp/service/manual/


posted by たけ at 22:50| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

決断の時

 久しぶりに観た日本代表戦、対香港戦と今日の韓国戦の感想の箇条書き。

■岡田さんのやりたいサッカーの基本は、「相手のボールをすばやく人数をかけて囲み、奪って前に展開する」ことだと思っている。

■確かに囲い込みは出来ていたし、ボールもある程度は奪えていた。しかしそこからの展開についてはみんながボールを見てばかりで、前線で前を向いて攻撃できる選手が見受けられなかったし、皆同じ方向に走るのでパスコースもない、という袋小路。

■その分開いたサイドで内田、長友は攻守ともに頑張っていたけど、クロスの精度も悪いし、ターゲットもいなかった。

■そしてパスサッカーが主体とはいえ、ショートパスばかりで緩急もなく、しかも足元ばかり。さらにドリブル突破もない、となれば、相手は守りやすいよな。大久保や明らかに調子の悪そうな中村憲を使うのであれば、柏木、金崎、乾、そして(ケガだが)石川直辺りがいればもう少し変化がつけられたはずだが。

■ところで、岡田さんはなぜ大久保を重用するの?正直今の代表には要らないだろう。おまけにケガしたみたいだし。

■実戦での連携を確認できないまま、厳しい条件の中で投入された岩政は、先のW杯オーストラリア戦の茂庭を見ているようだった。ここで変に自信を失わないで欲しい。

■結局のところ守備も攻撃も闘莉王頼みだった、ということか。

■だけど見ていて本当に歯がゆかったのは、負けているにも関わらず、闘志も悔しさもまったく伝わらなかったこと。これはもちろん選手も悪いけど、チームをまとめたり、雰囲気も変えられない岡田さんの監督としての重要な能力に疑問を感じざるを得ない。

 日本のようなサッカーの「新興国」にとって、W杯は勝ち負けはもちろん、世界に対して日本のサッカーをプレゼンする重要な場。だから負けるにしてもグッドルーザーであってほしい、技術的には劣っても全力を尽くして欲しいと常に願っている。精一杯やりましたが勝てませんでしたスミマセン、となっても、それがちゃんと伝われば熱心なサポーターだけでなく、いわゆるニワカなファンも惜しみない拍手を送ると思うし、やっぱり世界の壁は厚いなぁ、でも次は見てろよ!と晴れやかな気持ちにもなるはずだ。ところがジーコの時もそして今も、勝負に対する姿勢がまったく見えないのは、致命的だと思う。残り3ヶ月の間に何も変わらないかも知れないけど、現状では岡田監督を指示することは出来ない。協会も決断するべきであろう。


追記

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/sports/soccer_national_team/?1266163796

 まぁ、日本サッカーの元凶は協会なんだよな。方針は行き当たりばったりのクセして、結果に誰も責任を負わない、という。
posted by たけ at 00:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月31日

iPad雑感

 先日、アップルから新しいデバイス、iPadがアナウンスされた。iPhoneは欲しいけど、Softbankが大嫌いな(というか信用できない)私としては、密かに登場を楽しみにしていたアイテムの一つ。もちろんまだ実物を見たことも触ったこともないので、色々なサイトを巡回した上で思ったことをいくつか。

ー安い
アナウンス前は1000ドル前後と噂されていたものの、開けてビックリの499ドル(から)。確か初代iPod Touchが似たような金額だったように記憶しているが、これを考えると驚異的な価格だと思う。

ーデカい
自分としては文庫本、ペーパーバックサイズくらいを予想していたが、これは電車の中とかで取り出して何かをするには憚れるサイズ。

ーOS
とはいえ、Mac OS XではなくiPhone OSというのが素晴らしい。あのサイズであの優れたGUIを使ってサクサクとソフトが動くというのは凄く魅力的である。

ーFlash未対応
アップルとしてはHTML5を押し進めたいのだろうが、今様々なサイトで標準的に使われているFlashに未対応なのはどうか。まぁ大抵のFlashは取るに足らないものだけど。

ー電子ブック
アメリカでは電子ブックは盛んで、AmazonのKindleなどは大変売れているらしい。iPadの狙いもソコにあるのだろうことは予想するが、音楽のダウンロード販売でさえあれだけ遅れをとったこの日本で、さらに流通形態が特殊な日本の出版業界を考えると電子化は困難、というか不可能に近いだろう。

といったところで、自分の中でも賛否がそれぞれある。もし自分で使うとすれば、編集した子供や車、旅行の写真やビデオをテーブルの上に乗せて大人数で見るのは楽しそうだな、とか、FBMのようなイベント会場でPocket WiFi使えば色々遊べそうだな、とは思う。しかしそれ以上に、あのUIならば子供が始めて触れるパソコン、もしくはパソコンのことが良く分からない老年層にこのiPadは面白いかも知れない。また一方で、自分の発想が貧困なだけかも知れないが、少なくとも日本においてはパンチ力に欠けているように感じているので、いきなり爆発的に売れるものでは今のところなさそう。しかし、たとえばこのゲームをアプリで発売すれば、その手の方々にかなりの訴求力になるのではないか。いや、私はやらないが(笑)。
posted by たけ at 00:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 林檎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。